読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のメメとモエ

生命線があと10年分しかない!どうせなら、やりたいことに(あまりお金をかけずに)ちょっかいを出すことにした猫好きのブログ。メンタルトレーニング、自己啓発、一人旅、猫めぐり、山歩き、真剣な子育て、ジョギング、写真。その他いろいろ。

心とワークライフバランスが整う手帳術~『幸運を呼び込む「2度書き」手帳術』

来年の手帳も街で出回ってきましたね。

手帳に目標ややりたいことを書きこむと、目にする回数が多いためか達成することができたりしませんか?

目に見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」は、手帳を上手に活用すると、見えるようになります。

すると、今の自分の立ち位置がはっきり見えてきます。

やるべきことが整頓されて、自分が進むべき道がクリアになるのです。

書くことで自分自身に出会い、行動を起こす力を引き出すことができるのです。

 

こんばんは、ラブです。

f:id:understandLove:20160917202655j:plain

手帳セラピー

新しい手帳を手にするとき、「この手帳を使いこなせたら、もっと・・・」という気持になる人がたくさんいると思います。

「仕事の能率が上がるかも」

「自分の時間が持てるかも」

「毎日が充実するかも」

「豊かになれるかも」

そして、

「自分自身に自信が持てるかも」。

手帳に刻まれた日付のひとつひとつに満足できる日々にしていたら、きっと幸せになれるはず・・・。

手帳ほど、手にする人に未来への大きな期待を抱かせる文具は無いでしょう。

気づかないうちに通り過ぎてしまう「手帳」という「時間の入れ物」を使って上手に時間をつかまえておくことができれば、幸運も同時にやってきたときにその手でしっかりと掴むことができるはずです。

 

この「手帳セラピー」では、「時間の入れ物」である手帳に、5色のペンで色分けしながら「予定」を書きこむことで、スケジュールを視覚化。

すると同時に、予定に付随しているいろいろな「気持ち」や「偶然」が見えてきます。

見えない「時間」「予定」「気持ち」「偶然」が手帳の上で見えてくるようになると、パズルのピースが組み合うように、今の自分の立ち位置が明らかになります。

今やるべきことがすっきり整理整頓され、迷っていた進むべき道が、はっきり見えてくるのです。

すると、書いた通り、書いた以上の幸運を受け取ることができるようになるのです。

手帳を使いこなすルール

f:id:understandLove:20160917212435j:plain

人間は1日に6万個もの問題やことがらについて考えているといいます。

そのうちの大半は「重複」なのです。

つまり、何度も繰り返し同じ問題やキーワードについて考えているということになります

「今日は帰りにトイレットペーパーを買って帰らなければ」

「〇さんに連絡を取らなければ」

「あのミスはどうして起こったんだろう」・・・

もし、こんな考えの重複がなくなったら、目の前の出来事に集中できたり、新しい考え事に脳を使うことができますよね?

「手帳セラピー」では、これらの問題やキーワードの「一時的なストック場所」として手帳を活用します。

手帳に書いておけば、目の前の「今」「この場所」に集中し、クリエイティブに脳を使うことができるのです。

手帳を上手く使えるようになれば、人生はあなたが考えているよりもずっと生きやすくなります。

 

手帳を使いこなすルール

f:id:understandLove:20160917212529j:plain

本著では手帳の書き方をレッスンを始める前に、最低限心にとめておいてほしい「ルール」として、次のことを挙げています。

 

1 手帳は1冊にまとめ、いつでも持ち歩く

2 手帳には予定だけでなくて「想い(気持ち)」も書く

・物事をうまく進めるため、「目に見える形」にするのです。

・「今しかできないこと」「今でなくてもいいこと」の分別がしやすくなります。 

3 手帳に書き込むとき、実行実現できている自分をイメージングする

5色ペンで色分けしてみる

予定の種類別にあわせた色使いをしてみると、面白いです!

f:id:understandLove:20160917215306j:plain

5色ペンでの色わけをワタシもやりましたが、「やりたいこと」をする時間を捻出するには最適でした!

この「手帳セラピー」では、以下のように5色の色分けで記入を行います。

1色目(青)仕事

2色目(緑)プライベート、ワクワクすること

3色目(赤)重要なこと、体調に関すること

4色目(黒)日常生活の事

5色目(好きな色)「夢」に関する行動

これらの5色にするのは、色が持つ力を重視しているからです。

青は「冷静沈着」、緑は「安らぎ」「人とのつながり」、赤は「注意喚起」「生命」。

カラーセラピーに持続くこの3色は、人間の身体が持っているオーラの色ともいわれています。

日常生活のことであっても、あなたをワクワクさせる用事は緑色のペンで記入してください。

「叶えたい夢」がある人は、好きな色でその夢に関する行動を記入しましょう。

手帳セラピーでは、「新しいことにチャレンジする勇気」を示すオレンジ色を進めています。

大切なのは、気分で色を変えず、決まった色分けを続けること。

すると、ふりかえったときに

「青が多かった〇月は、仕事が忙しかった」

「赤が多い〇月は体調を崩しがちだった」

と、自分の生活リズムや体調の変化を確認することができるのです。

色分けで自分の気持ちに気づく

f:id:understandLove:20160917220136j:plain

また、5色で使い分けることで、自分がどんなことにワクワクするか気づきます。

仕事=青の予定だけれど、緑で書きたくなった時、その仕事をとても楽しみにしているのです。

プライベートだけれど、緑で書く気になれない予定があるかもしれません。

使う色に迷ったら、青で記入して緑色の円で囲むなど、2色を使って記入しましょう。

f:id:understandLove:20160917220332j:plain

2週間ほど”5色”ペンをやってみました。

はじめは、「めんどうだなー」というのが本音でした。

でも、書いてみて驚いたのは、思ったよりも「ワクワクすること」が少なかったり、「夢に関すること」が少なかったり。

今後また紹介していきますが、意識して「ワクワク」や「夢」のスペースを作っていくことが5色にすることでごく自然に作ることができるようになってきます。

するとどういうわけか、「仕事」や「プライベート」も、「ワクワク」や「夢」に近づいていきます。

今回の紹介だけだと何が「2度書き」なのか、さっぱりわからなくてごめんなさいです。

 

今日もお疲れさまでした。

ゆっくり休んでくださいね。

では、また。

f:id:understandLove:20160917221352j:plain