読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のメメとモエ

生命線があと10年分しかない!どうせなら、やりたいことに(あまりお金をかけずに)ちょっかいを出すことにした猫好きのブログ。メンタルトレーニング、自己啓発、一人旅、猫めぐり、山歩き、真剣な子育て、ジョギング、写真。その他いろいろ。

不安を覆し、思い通りの明日を作る手帳術~『幸運を呼び込む「2度書き」手帳術』

手帳に予定を書くと、自分では意識していなくても「実現したい」「実現するものだ」という気持が生まれます。

その思い込みを上手に活用して、これからやってくる1週間を思い通りにしてみませんか?

こんばんは、ラブです。

f:id:understandLove:20160919163517j:plain

想いが1週間の原動力になる

これからやってくる1週間を思い通りに動かすのが「未来宣言」です。

想いを文字にして記入し、視覚的に認識することで、「この思いを実現・体験したい」という念が生まれ、現実を動かす原動力になります。

「未来宣言」は、1週間分の「この日はこう過ごしたい!」を先取りして手帳に書き込みます。

日曜日の夜か月曜日の朝に手帳タイムをつくって、1週間分まとめて緑色のペンで記入。

ウイークリーページの空きスペースなどつかって、思い通りの明日をつくっていきましょう。

宣言は1週間分まとめて書く

1週間分まとめて書くよりも、前日の夜に翌日のスケジュールを書く方がリアルな「未来宣言」が浮かぶように思えるかもしれません。

しかし一日が終わりを迎える夜の時間帯は、どうしても反省モードになりがちで、ポジティブに明日のことを想像しづらいもの。

明るい未来を引き寄せるには、ポジティブな発想が必要です。

日曜の夜や月曜の朝ならば、1週間分の真っ白い記入スペースを見て「未来の時間は自分自身が作り上げるんだ」という素直な気持ちになれて、きっと最適な言葉選びができます。

不安をプラスに変える宣言をする

「未来宣言」は、実際の予定に即した内容にしましょう。

仕事が忙しい日は「温泉でリラックス」と書いても、現実逃避なだけ。

「仕事がスムーズに片付いてすっきり」など、その日のスケジュールに沿った希望をイメージするのがポイントです。

何を書けばよいかわからないときは、その日の心配事から「未来宣言」を導き出しましょう。

マンスリーページからウイークリーページに転記した1週間分のスケジュールを眺めて、ちょっとした不安が頭をもたげることはないでしょうか。

例えば、「月曜の朝、ちゃんと起きられるかな・・」と心配になったとします。

そんなときは、月曜の「未来宣言」に「朝スッキリ起きられた!」と書いて、自分にプラス思考の自己暗示をかけるのです。

その他にもたとえば、

(不安要素)会議で発言できるか不安

       ↓

(未来宣言)会議で評価される発言ができた

このように、不安要素をひっくり返して「どうすればハッピーに過ごせるか」を引き出すことができれば「未来宣言」の完成です。

「商談をまとめられ、取引先にも上司にも喜ばれた」

「落ち着いて試験問題がすらすら解けた」

「恋人に素直に謝って信頼が深まった」

など、自分の主体の「未来」を書き入れていきましょう。

はその日に緑色で書き込んだ「ワクワク」や「1日1緑」に関連した「未来宣言」でもかまいません。

たとえば、

マッサージに行って、心身が軽くなった

探していたデザインの服が見つかった

同窓会で思わぬ人脈が得られた

など。

完成形で書いて、もっとポジティブに

ここまでの例文のとおり、「未来宣言」は「完成形」で書くことが希望をかなえやすくなります。

引き寄せの方法としての常とう手段ですが、「完成形」は潜在意識を大きく動かします。

例えば、「企画書を終わらせる」と書くと、「やらなくてはならない」という義務的な気分になります。

これを「企画書が無事完成した」と書いてしまえば、「本当にそうなりそう」と前向きな気持ちで当日を迎えられます。

言葉には大きな力があります。

前向きな気持ちで、前向きな言葉を使えば、その通りの未来をつくりだすことができるのです。

 

未来宣言通りに過ごせたら、夜に緑色のマーカーで塗りつぶすことを本著では勧めています。

書いたことの一部だけ叶ったら、その部分だけを塗ってください。

緑のマーカーの部分が増えるたび、「書いたことが現実になった」という充実感が生まれます。

未来へ向かうための書き方のコツがわかり、新たな活力が湧いてくるのを感じられるはずです。

f:id:understandLove:20160919165859j:plain

ゆっくり休めましたか?

すてきな夢が見られますように!

では、また。

f:id:understandLove:20160919170017j:plain

f:id:understandLove:20160917221352j:plain