読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のメメとモエ

生命線があと10年分しかない!どうせなら、やりたいことに(あまりお金をかけずに)ちょっかいを出すことにした猫好きのブログ。メンタルトレーニング、自己啓発、一人旅、猫めぐり、山歩き、真剣な子育て、ジョギング、写真。その他いろいろ。

「引き寄せ」は自転車乗りに似ている?~「『引き寄せ』に成功する人がやっている 小さな習慣』水谷友紀子

引き寄せの法則」を知ってから、あっという間に引き寄せが上手になる人は、とにかく熱心にひたすら何度も何度も「ビジュアライゼーション」の練習を繰り返します。

一方、いつまでたってもあまり引き寄せの効果が出ない人は、明らかにビジュアライゼーションの練習をほとんどしない人・・・。

 

確かにその通り。

ワタシもビジュアライゼーションの練習をさぼりだしてから、引き寄せが来なくなってしまいましたから。

 

f:id:understandLove:20170226111650j:plain

ビジュアライゼーションの練習は「自転車乗り」に似ている

著者の知人にも、ビジュアライゼーションの方法を教えたにもかかわらず、「引き寄せた!」という報告がほとんどない人がいました。

聞いてみるとやはりビジュアライゼーションをほとんどやっていないとのこと。

理由を聞くと

「やってもうまくいくはずがないと思っちゃう」

とのことでした。

また、ビジュアライゼーションが続かない人の理由は、「来ないとき」のショックを今から考えて、そんなショックを受けたくないからと、そもそもやらないこと。

また、一度か二度はやってみたものの、やはり「来なかった」ので、早々にあきらめてしまったような人。

そして、結局意識的にビジュアライゼーションをしないので、自分の望みや夢が次々と叶うなどという体験をすることなく、以前と変わらない「思い通りにならない人生」を歩んでしまうことになります。

 

「『引き寄せの法則』なんてやっぱり信じられないから、余計に何もしない」という悪循環にみごとにはまっているのです。

こういう状況に陥らないために著者は、「はじめは小さなもので実験すること」を勧めているのです。

アイスクリームが食べたいとか、ケーキが食べたいとか、そんな願いならば落ち込む必要もないでしょうからね。

引き寄せの法則」を知ってから、いきなり「パートナー」とか、「宝くじで2億円」をいきなりビジュアライゼーションする人もいるようですが、「引き寄せる」という体験を何度も積んで、「引き寄せの法則」を本当に確信するようになってからでも遅くはないと思うのです。

 

また、著者はビジュアライゼーションの練習をいつも「自転車乗り」に例えます。

それは、ビジュアライゼーションも頭で理解するものでは全くなく、その感覚を体得していくものだからです。

 

あなたは自転車にすぐにスイスイ乗れるようになったでしょうか?

何度も何度も自転車に実際に乗ってみて、足の動かし方や重心の取り方など、ひとつひとつ体でコツを覚えていったのではありませんか?

頭の中にいくら素晴らしい知識があろうとも、それを自分の人生や生活の中で応用できなければ、なんの意味ももちませんからね。

ありがたいことにビジュアライゼーションは、「1日5回まで」などの制限は全くないものですし、私たちすべての人間に生まれながらに備わっています。

すでに毎日使っている「創造力」を意識的に正しく賢く使うというだけのもの。

ですから、毎日たくさん練習して、早く「思いのままの人生」を作り上げる最強のあなたのツールにしてください。

f:id:understandLove:20170226113344j:plain

ブロガーさんたちの報告でも、「身近なものだと割と引き寄せが成功する」という声が聞かれたり。

始めは、アイスとかチョコとか、そんな感じから「ビジュアライゼーションの練習」をしていくことが大切だったんですね~。

しかも、「意識的」に「繰り返し、繰り返し」が大事なようです。

 

ここのところ仕事が忙しくて、

「1週間に1日でいいから、一人になる時間(通勤時間じゃなくて)がほしい!!」

と切望していたところ、いつもは家族のいる今日に、自宅でポンと一人になる時間ができました!

嬉しくてニコニコしながらブログ書いてます!(「ほかに楽しみはないのか?」という疑問は横において・・・)

 

明日は、ひな祭り。

結婚は「=幸せ」とはまったく言えない世の中だけれど、やっぱり明日のうちにひな人形は片づける予定です。

あたたかい春がやってきます。

街で楽しそうにしているカップルさんたちにも(少々イチャつきが過ぎる人たちにも)、幸せな未来・・・それによる少子化への歯止めがあったらいいですね。

 

あなたにもこの季節、すてきな出会いがありますように。

では、また。

f:id:understandLove:20170226115857j:plain

f:id:understandLove:20170221213950j:plain