読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のメメとモエ

生命線があと10年分しかない!どうせなら、やりたいことに(あまりお金をかけずに)ちょっかいを出すことにした猫好きのブログ。メンタルトレーニング、自己啓発、一人旅、猫めぐり、山歩き、真剣な子育て、ジョギング、写真。その他いろいろ。

ストレスを武器に変え、成長する~『スタンフォードの心理学講義 人生がうまくいくシンプルなルール』ケリー・マクゴニガル

これまで私たちは「ストレスは敵だ」と思ってきました。

実際、多くの心理学者や医師、科学者たちがストレスを目の敵にしてきました。

ストレスは多くの人を悩ませる危険な病気で、どうにか予防すべきと信じられてきました。

しかし著者は、ストレスについて別の見解を持っています。

そのきっかけとなった研究結果は、1998年に米国で3万人の成人を対象に行われた調査でした。

「この1年間でどれくらいストレスを感じましたか?」

「ストレスは健康に悪いと思いますか?」

この2つの質問をして、8年後に、3万人のうち誰が亡くなったかを調査したのです。

f:id:understandLove:20170422092037j:plain

その結果、強度のストレスがある場合には、死亡リスクが43%も高まっていたことが分かりました。

ただし、死亡リスクが高まったのは、強度のストレスを受けていた人の中でも、「ストレスは健康に悪い」と考えていた人たちだけだったのです。

著者は、この点に注目しました。

強度のストレスを受けていた人の中でも、「ストレスは健康に悪い」と思っていなかった人たちには、死亡リスクの上昇は見られなかったのです。

それどころか、このグループは、調査をした人たちの中でも最も死亡リスクが低かったのです!

ストレスがほとんどない人たちよりも死亡リスクが低かったのですから、驚きです。

ストレスは人を賢く強くし、成功へと導く

多くの研究によって、ストレスについて著者の考えはガラリと変わりました。

最新の研究結果によって明らかになったのは、「ストレスは人を賢く、強くし、成功へと導く」ということです。

人はストレスの経験から学び、成長することができるのです。

そして、勇気や思いやりを持つこともできます。

 

大事なのは、「ストレスについての考え方を変えれば、もっと健康で幸せになれる」という点です。

ストレスについての考え方を変えれば、もっと健康で幸せになれる」という点です。

ストレスについてのあなたの考え方次第で、健康はもちろん、人生意味を見いだせるかどうかまで、様々なことが変わるのです。

ストレスに対処する「最善の方法」は、ストレスを減らそう、避けようとするより、ストレスについての考え方を改め、受け入れることなのです。

ストレスとの付き合い方

「ストレスのない仕事はない」という考え方が、良いスタートになるかもしれません。

人間にとって、ストレスは「普通にあるもの」です。

「ストレスを軽減しなければいけない」と、四苦八苦してストレスを取り除こうとする人もいますが、それでは良い結果にはつながりません。

ストレスは、自分が仕事を大切にしているからこそ現れる「サイン」だと考えるといいでしょう。

ストレスを感じるのは「自分がこの仕事に対して思い入れがある」証拠です。

一所懸命だからこそ、誰かを思っているからこそ、ストレスを感じるのです。

 

ストレスは誰でもが感じることであると知り、”ストレスの味”を自分なりに変えることで、ストレスとの付き合い方を変えることができます。

ストレスを力に変えた ビル・ゲイツ夫妻

以前紹介した「ジョブ・フランディング」は、自分の仕事を自分で再定義することで、生産性や効率性を高める方法です。

ビジネス界から生まれた概念で、ストレスと付き合うときに、非常に役立ちます。

 

understandlove.hatenablog.com

 まずは、「リストを作る」ことから始めます。

あなたの仕事で「やらなければいけないこと」を書き出します。

例えば、メール、レポート作成、ミーティングなど。

同時に「あなたの長所」「人生で何を一番大事に思っているか」「あなたの価値観」などをリストアップします。

これからを「自分の仕事」と1つひとつ、つなげてみるのです。

 

「説得力のある話し方」が得意だとします。

それをメールやレポート作成とつなげて考えるのです。

そうすれば、あなたの長所をうまく使って仕事をするのに役立ちます。

 

「人に教えること」が得意なら、メールを書く行為も、「誰かにアドバイスを与える、誰かに役立つもの」と捉えられます。

これが、ストレスの有害な部分を減らす効果を生み出すのです。

「上司が朝令暮改で、自分の時間がない」

「わずらわしいことが多くて、希望を見いだせない」。

そう思うことは、

「自分が仕事の被害者になっている」

ということです。

「ジョブ・クラフティング」は、そうしたネガティブな考え方を変えるきっかけを作ってくれるのです。

 

「ストレスを力に変えた」人の中で、著者が感心した人物は2人います。

1人はマイクロソフトの創業者で、社会貢献を目的にビル。アンド・メリンダ・ゲイツ財団を主宰するビル・ゲイツと、夫人のメリンダ・ゲイツです。

彼らは人生で「世界のより大きな問題」と相対していくことを選んでいます。

これは、「自分より大きな目標に貢献する」というマインドセット(心の持ち方・考え方)につながります。

自分たちの成功だけを考えるのではなく、自分たちが解決できる一番大きな問題は何かを考え、それを解決するための行動を起こしていく。

そこに著者は感心させられました。

 

ストレスを力に変えるために、人生の重要な目標を「自分より大きなもの」に置くと、同じ努力をする意思ても、自分を「やる気にさせる」動機が変わります。

「自分は能力が高い」「自分は他人よりも優秀である」ことを証明しようとするのではなく、自分が努力しているのは、もっと重要な目標に貢献するためだと思えるようになる。

すると自分自身の成功にとらわれず大きな目標に向けて、周囲の人たちを応援したくなるのです。

 

もう1人は、フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグです。

彼は2015年に、パートナーの妊娠をフェイスブックで公表しました。

その時、パートナーが流産を経験したことや、そこに至るまでのストレスについても触れました。

すごいことですね。

パートナーの流産を、公の場に書くことはほとんどないでしょう。

彼ほどの著名人になれば、世間から難癖をつけられやすくなります。

それでも、自らの弱みを吐露して「自分も人間なんだ」と、公の場で見せました。

彼と同じような苦しみを感じている人の中には、「自分は1人ではない」と勇気づけられた人も多かったことでしょう。

 

不安を抱え、人生でストレスを感じる経験をしながら、成功している人はたくさんいます。

あるカンファレンスに参加したとき、某企業の女性CEOがスピーチをしていました。

米国では著名な人物で、成功して、非常にパワフルに活動している方です。

そんな彼女が、不安症をずっと抱えていたといいうのです。

不安症と上手に付き合いながら、不安を力に変え、人生に成功してきたこと。

これはビジネスで成功するという意味で、とても良い例だと言えます。

 

アスリートや専門家の多くが、同じことを言っています。

彼らもたくさんの不安を抱えているのです。

著者の好きな言葉の一つに、航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士の言葉があります。

「不安と言うものがわからない人は、結局何もわからないのだ。

不安と言うものがあるからこそ、それを使って私は深く考えることができるのだ」

 

成功した人は「常に落ち着いていて、とても自信があって、不安は一切持っていない」と思われがちです。

が、実際そうでもないのです。

ストレスを抱え、辛い経験もしています。

そこから力を得て成功している人こそ、理想的な”成功の体現者”ではないかと著者は思うのです。

f:id:understandLove:20170422101322j:plain

 

忙殺されているとつい、目の前にある「自分が評価される」ことに焦点が当たってしまうものですよね。

しかし、時たまあるかもしれません。

「このイベントが成功すること」「このプロジェクトが成功すること」「顧客の満足につながること」「このグループの成長につながること」などというマインドセット(心の持ち方・考え方)になった瞬間が。

その瞬間、自分を超えた力が働いて、とてもエネルギッシュになれたり。

そして、自分の利益を横に置いておいて頑張ることで、結局のところ評価がいつもより上がったりしたことはあるのではないでしょうか?

ある種の「フロー状態」ともいえる感覚です。

その感覚の中で人生を生きられたら、最高!

 

成功している人は、ストレスを感じないような鋼の精神を持ち合わせている「自分とは違うタイプの人間」だと思っていました。

でも、その不安の力をプラスとしてとらえ直すことって、できますよね。

不安も後悔も、「今自分はこれを成功させたいと強く願っているサイン」と捉えて、プラスの力にしていく習慣をつけることで、どうやら長生きまでできる模様です。

 

今日も、お疲れさまでした。

あなたのストレスが、いい感じであなたの力になってくれますように!

では、また。

 

f:id:understandLove:20170422101625j:plain

f:id:understandLove:20170402090324p:plain