読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫のメメとモエ

生命線があと10年分しかない!どうせなら、やりたいことに(あまりお金をかけずに)ちょっかいを出すことにした猫好きのブログ。メンタルトレーニング、自己啓発、一人旅、猫めぐり、山歩き、真剣な子育て、ジョギング、写真。その他いろいろ。

罪の意識を手放すには、うまく自分を「許す」テクニックが必要~『感情の整理術』宝彩有菜

「自分はなんて悪いことをしたのだろう」

と、過去に起こった出来事に対して罪の意識に悶々・くよくよとすることがありませんか?

ワタシはかなりあります。

うっかりすると、それでうなされています・・・。

でも、この罪の意識、苦しいばっかりで何の役にも立っていないというか、現状は全くかわりませんよね。

謝罪しても、それを受け入れられても、まだもやっとしてしまうことがあるのは、なぜでしょう?

いつまでも考えていても、仕方ないな~とわかっているのですけどね・・・。

何で消えないのかな~!?

 

そんな感情を今日は片づける方法を勉強したいと思います!

f:id:understandLove:20170503184732j:plain

自己嫌悪から抜け出せず、自分を罰してしまう

罪の意識の堂々巡り・・・・。

これを続けていると、あなたの心の中に「自分が悪い」の声が鳴り響き、ついには「自分を許せない」になります。

自分を罰すればこの苦しい堂々巡りから抜け出せるはずだと、マインドは考えます。

つまり自罰で、最悪は自殺に至ります。

他人から罰される前に、先回りして自分で自分を罰して、もう罰を受ける必要はないと言い訳できるようにしているのです。

これが自罰に隠れている利己的な欲の正体です。

 

後悔の堂々巡りから、他罰の扉を開けるか自罰の扉を開けるかの違いは、過去にあります。

悪いことをしたときに、親から「謝りなさい」ときつく叱られることが多かった人が、そうなのです。

これは自罰に走りやすくなります。

つまり、自分があまり悪いと思っていなくても、謝れば現状のつらい状態から解放されると、とくに幼児期に学習を重ねた結果なのです。

しかし、自分でいくら自分を罰しても、現状の不幸な状態は変わりませんから、マインドは罰したりないと思って自罰を続けるわけです。

恐ろしい!自罰を続けて、うっかりすれば自殺です。

これもマインドの不調なのです。

「許す」心の動きは、すべてのことに効く

まず、自罰から後悔のループに戻りましょう。

自罰が多くなっているとしたら、あなたは「自罰すれば許してもらえる」と(小さい時に間違った学習によって)思いこんでいます。

長らく自罰の態勢が習慣になっているのです。

が、自罰していても誰からも許しがもらえませんし、もしもらえたとしても、現状の不幸が幸福に変わるわけでもないので、さらに自罰を続けることになっています。

 

そこで、自罰傾向になってしまった自分をそのように育てた親、といっても自分の心の中のイメージの親ですが、それに対して、自分がひそかに持っている恨みを手放します。

つまり、イメージの親を許します。

「親も未熟だったのだ。

そのような育て方しかできなかったのだ」

と理解し、未熟ながらも頑張って子育てしてくれた親を許します。

感謝すると、さらに大きく温かく許せます。

優しい母親のように、相手のなにもかもを温かく抱くような気持ちになれたら、その 

『許す』という愛の力は、自分の凝っている「こうしなければ生きていけない」「謝らなければ愛されない」などという冷たい縛りにも効いてきます。

癒されます。

つまり、他人も自分もすべてを『許す』ということになります。

 

その瞬間に自罰から抜けているそうです!

自罰から後悔に戻ったら、あとは、ありがたいことを数えるなどで、自分が幸福だと思いなおせれば、それも抜けることができます。

f:id:understandLove:20170503191743j:plain

罪の意識って、そんなシステムだったんですね~。

自分の親の育児方法には、気持ちがいろいろあるんですけど、手放すことで、「こうでなくちゃ!」という自分自身からの縛りから抜けられるのか~。

 

ちょっと試しに?と思って、過去の親に対して「仕方なかったんだね・・・。」と心の中で優しい母親口調で言ってみました。

すると何だかずっと固まっていた「罪の意識」がなくなりました。

結構効きました!

 

連休を少しのんびりできたでしょうか?

それとも、いつものようにがんばっちゃったでしょうか?

 

今夜くらいはおいしいお茶など飲んで、いつもよりはゆっくり過ごすのもよいかもしれませんね。

あなたが今夜素敵な夢が見られますように!

では、また。

 

f:id:understandLove:20170503190510j:plain

f:id:understandLove:20170429215118j:plain