猫のメメとモエ

生命線があと10年分しかない!どうせなら、やりたいことに(あまりお金をかけずに)ちょっかいを出すことにした猫好きのブログ。メンタルトレーニング、自己啓発、一人旅、猫めぐり、山歩き、真剣な子育て、ジョギング、写真。その他いろいろ。

今に集中する練習②~『「今、ここ」に意識を集中する練習 「マインドフルネス」入門』ジャン・チョーズン・ベイズ

「今、ここ」に集中するには、そうしようと意識するだけでなく、生活の中でちょっとした訓練をすることでさらに集中を上手にできるようになります。

今日やってみようと思う訓練は

1 食べるときには「食べる」ことに専念すること。

2 1日1回、周りの誰かに心からの「ほめ言葉」を伝えること。

3 姿勢を意識すること。

 

一緒に試してみませんか 

f:id:understandLove:20180107093302j:plain

1  食べるときは「食べること」に専念する

「今、ここ」に集中するには、目の前にあるものに専念すること。

 

食べたり飲んだりしているときに、ほかのことをしないようにします。

きちんと座って、あなたが口にするものをゆっくり楽しみます。

五感のすべてを開放させましょう。

食べ物の色合い、形、表面の様子などを眺め、口に入れて香りや味を味名ます。

食べたり飲んだりするときの音にも注意して聴きます。

 

著者が勧めるこの訓練のコツは、食事をするテーブルに「食べることに専念」というメモを春などすることです。

うっかりほかのことをしながら、食べちゃいますもんね~。

間食をすることが多い場所にも同じように貼るとよいそうです。 

現代人は「ながら行為」の習慣がついているのです。

これで「ながら行為」を排除ずると、ついやっている「食べながらしゃべる」を減らせるようになるそうです。

つい1人の食事だとスマホを見ながら食べてしまうのは、「食べながらしゃべる」が、当たり前になってしまっているからだそうです。

 

この「マインドフルな食べ方」のワークショップに参加した人の多くが、「とにかく、さっさと食べて仕事に戻りたいと思っていた」と言います。

でも、私たちが毎日仕事する中で一番重要なのは、たった30分でも「その瞬間に意識を置くこと」

マインドフルに気持ちを込めながら食べると、たとえひと口でも、食べることが豊かで多彩なものになってくるそうです。

訓練2 心からの「ほめ言葉」を伝える

1日1回、家族、友人、同僚など、周りの誰かのことを考え、その人に心からの「ほめ言葉」を伝えます。

子どもや親など、自分に身近な人ほどよいそうです。

(郵便局で会った、見知らぬ人のスカーフをほめることは含まれません)

また、ほめ言葉は、具体的なほど効果的です。

 

人があなたをほめてくれたら、それをしっかり意識して聴きます。

どうしてほめてくれたかを考え、その言葉が自分に与えた影響についても考えます。

 

コツは、紙に「ほめる」と書いて、目につくところに貼っておくこと。

はじめは抵抗を感じる人もいます。

心にもないお世辞を言うのかと心配になるのです。

そのうち、ありがたいと感じることは身の回りにいくらでもあることに気づき、実行できるようになります。

訓練3 姿勢を意識する

1日に何度か、姿勢に意識を意識します。

この意識のしかたには2つポイントがあります。

「今、自分がどんな姿勢をしているのか」「体がそれをどんなふうに感じているか」です。

姿勢を意識するコおは、そのたびに姿勢を正すことにもつながります。

前かがみになっているな、と気づいたら、静かに背筋を伸ばしてください。

一番いいタイミングは食事の時です。

椅子の前方に腰を下ろして、両足をしっかりと床の上に置き、膝を少し話します。

背筋を少しhンします。

背筋をまっすぐにして、できるだけ多くの息が吸い込めるようにします。

ほかには、列に並んでいるとき、運転しているとき、ベッドに横たわっているとき、会議や授業に出ているとき、歩いているときがよいタイミング。

 

取り組みのコツは、家族や友人に、「姿勢が悪かったら知らせてほしい」と頼んだり、鏡やショーウインドーに映る自分の姿を注意して見るなど。

 

この練習をすると、たいていの人は、自分の姿勢の悪さに気づいて驚くそうです。

正面から見るとまずまずでも、横から見ると、肩が前かがみになっていてがっかりしたり。

軍人、ダンサー、高貴な人たちなど、特別な訓練を受けている人は一目でわかるのは、明らかに姿勢が違うからです。

スペインには「司祭様は水着を着ていてもわかる」という格言があるそうです。

つまり、精神の姿勢が整っている人は、それが立ち振る舞いにも表れるのです。

 

姿勢と集中力は関連していると著者は断言します。

気分が落ち込んでいるときは、まず姿勢を正してみることを勧めています。

そのときさらに呼吸に意識を集中sると、本来の心の平静を取り戻すことができるそうです。

心の中の波立つ思考が静まれば、本来の叡智が見いだせます。

リラックスして心を開けば、あなたの本来のやさしさが現れます。

この練習を十分に行うと、そういう心の状態にすぐ到達できるようになり、自信をもってまっすぐに、ゆるぎない生き方ができるようになると著者は言います。

 

f:id:understandLove:20180121195910j:plain

歩いているときは、比較的姿勢がいいつもりだったのですが、このブログを書きながらも3回姿勢が悪いことに気づきました・・・。

何よりも静かに食べるのが、なんとも大変でした。

一人の食事はついスマホを見ながら・・・なんてみっともないこともよくあるワタシなので、それを変えていきたいと思います!

 

今日も1日お疲れさまでした。

ゆっくり休んで素敵な夢を。

 

では、また。

f:id:understandLove:20180102110511p:plain

 

勇気と希望と自尊心~『SELF HELP 自分を敬え。超訳・自助論』辻秀一

お金に多少の余裕があっても、ちっとも豊かさを感じられないときがありませんか?

何かが足りない。

何か物寂しくて、そんな日はとりあえずコンビニに入って、何か買ってみたり。

物質的な豊かさも、もちろん豊かさのひとつです。

しかし、もう一方の豊かさ。

精神的な豊かさはどうやって手に入るのでしょう。

f:id:understandLove:20180114091222j:plain

勇気と希望と自尊心を忘れなければ、その人は豊かである

物質的な豊かさは可視化できるのでわかりやすいのですが、精神的な豊かさは可視化できない代わりに、誰もが自由に持つことができます。

それを感じるために私たちがすべきことは何でしょうか。

 

それは、勇気を持つこと、快活でいること、そして希望を忘れず、美徳を持って生きることです。

美徳とは、見られても恥ずかしくない生き方をすることであり、自尊心を持つことです。

自尊心を持つとは、威張ることでも見栄を張ることでもなく、自らを貴ぶこと、つまり自分に誇りを持つことなのです。

 

自分自身に誇りを持つのに理由はいりません。

存在そのものを誇りに思い、自分の生き方そのものを貴ぶことさえできればいいのです。

ここに人の普遍的な豊かさがあると著者は言います。

この豊かさとともに歩む人間は間違いなく幸せになれます。

 

では、そのためには党したらいいのでしょう。

自分を信じる、そんな習慣を持って生きてみるのはどうでしょうか。

2 自分を信じよ。

(1)運命は自分の力で変えられる

スマイルズは『自助論』で、恵まれない境遇にありながら、努力と忍耐で運命を切り拓いた人々を数多く取り上げました。

「運命は自分の力で変えられる」

これこそが同著で彼が主張したいことの1つだったのです。

不本意なことに直面しても、「運命だ」とあきらめてはなりません。

松井秀喜選手も自著『不動心』で高校時代の恩師から受けた教えを綴っています。

 

心が変われば、行動が変わる

行動が変われば、習慣が変わる

習慣が変われば、人格が変わる

人格が変われば、運命が変わる

 

自分で運命を切り拓いた人は、気高い品格を持ち合わせています。

高い品格は、自分の心に責任を持ち、チャレンジし続けることで、得ることができます。

もしも行き詰ったときは、自分を振り返り、初心に戻ること。

あなたの運命を変えることができるのは、あなたしかいないのです。

 

(2)意思の力を身につけるには

人間性という言葉は抽象的ですが、みなどこかでその重要性を認めています。

スマイルズは、人間性の中心となるものは石田と述べています。

意思はその人が持つ自由であり、人生の方向付け、決定していくための宝です。

 

自分で考え、自分で決める。

自分で思い、強く願う。

その力は、わたしたちの人生に想像以上のものをもたらしてくれます。

すべては、自分次第です。

 

そして、その意思とは自分自身であり、人間性です。

これを磨くには、自ら考えて自分で決めて行動する習慣をつけることです。

 

ここで言う「考える」とは、学校の授業で考えることと違い、答えのない問いを考える、という意味です。

正解を求めるのではなく、自分で自分で考えて自分で決めたことに責任を持つ。

そうした習慣をつけることが大切なのです。

 

(3)世界を動かしたければ、誰よりも先に自分が動け

「世界を動かさんとするものはまず自ら動くべし」。

古代ギリシアの哲学者ソクラテスの言葉です。

世界を動かすなど、大それたことに思えますが、大きな発見も発明も、すべては一個人の思いや行動から始まっています。

すなわちすべてはどこかに生きる「自分」がやったのです。

 

どんな「自分」」も世界とつながっています。

いきなり世界を動かすことはできなくても、まず自分を動かすことが世界の何かを少し動かすことになります。

  

 

f:id:understandLove:20180113105420j:plain

今日も1日お疲れさまでした。

ゆっくり休んで素敵な夢を。

では、また。

f:id:understandLove:20180114090100j:plain

 

 

自分の死にざまは自分で決める~『SELF HELP 自分を敬え。超訳・自助論』辻秀一

自分のことを後回しにし続けていたり、大切にできていないときってありませんか?

そんなときは、実はほかの人への思いやりとか、気配りが欠けてしまいがちではないでしょうか?

そして、「自分を擦り減らしながら働いている」という感覚を感じたりすることがないでしょうか?

 

人生のありかたに違和感を感じて、「休日やりたい、自分の好きなことが見つからない」「一人のとき何を食べたいのかさえ、うまく決められない」と感じるとき。

ひょっとして、あなた自身からの「自分を大事にできていないよ!」というサインが出ているのかもしれません。

 

「自分の軸をしっかりさせたい」

「自分の心の土台をガッチリ造りたい」

ワタシ自身、最も忙しかった20年を生きる中で、毎日毎日それを感じていました。

「なぜほかの人には軸があるのに、自分だけ中心がふらついているんだろう」

そう思い自分を責めていました。

が、死ぬほど忙しい時期を少し過ぎてみて、その時代の自分自身を俯瞰したとき、「ああ、自分を後回しにしまくっていたことが、根本原因だったんだな」と分かりました。

しかし、子どものころから「周りの人間のことをまず第一に考えなさい」などと結構きつく教えられてきたせいか、第一子に生まれて育った気質なのか、うまく「自分を大切にする」ができないのです。

 

『SELF HELP 自分を敬え。超訳・自助論』。

とてもパワフルに「自分を見つめ、守る」ことを書いている本です。

自分で自分をしっかり救うことができれば、誰かの賞賛を欲しがって自分の身体を擦り減らしてまで働かなくても、自分を許せるようになれるんじゃないかな。

 

どこかしらに同じ思いをあなたが持っているなら、一緒に読んでいただければと思います。

f:id:understandLove:20180114072405j:plain

「天は自ら助くる者を助く」

運命の神は自分自身を助ける努力をしてくれる人を助けてくれるということでしょうか。

どんな人でも、多かれ少なかれ、運命や神様に助けてもらいたいという気持ちを持っているでしょう。

けれどその前にまず、自分自身を助ける生き方をしていなければならない、ということを表している言葉です。

それでは、自分自身を助けるとは、「Self  Help」と表しますが、「自分自身を助ける」はあまり耳慣れない言葉ですね。

 

そこで著者は次のように考えます。

「自分を大事にして、自分自身を磨いていくこと」。

すべての人が「自分会社」を経営しており、その社長は自分自身で、従業員は自分だけ。

この会社の資本は自分自身だけです。

 

英国の作家サミュエル・スマイルズが今から150年前に執筆した名著『自助論(Self Help)』。

同著では、「天は自ら助くる者を助く」という言葉とともに、自分自身を助ける方法を書いています。

この『自助論』は世界各国で非常に多くの読者を獲得し、明治初期の日本では『西国立志論』という邦題で出版され、同時期に発売された福沢諭吉の『学問のすゝめ』とともにベストセラーとなり、今も多くの人々に読み進められたものです。

本著はそれを現代の言葉と事例にわかりやすく直した”超訳”です。

スマイルズのメッセージは大きく次の6つです。

 

1 自分を敬え。

2 自分を信じよ。

3 自分を鍛えよ。

4 自分を磨け。

5 自分を鼓舞せよ。

6 自分を育てよ。

 

どれもが当たり前のことに見えますが、実践できる日本人は今どれくらいいるでしょうか。

これから21世紀は変革とグローバル化が進み、このことをおろそかにすると、人も国も必ず弱体化すると著者は言います。

1 自分を敬え

(1)天は自ら助くる者を助く

『自助論』のタイトルそのもので、重要なメッセージです。

助ける行為は、

自分自身にエネルギーを投資する。

自分の成長のために自分自身に全力を注ぐ。

そして、自分の弱点を見極め、そこを強化することに全力を尽くす。

 

社会や世界で生き抜いていくためには、まずは自分自身にベクトルを向けるべしということです。

スポーツにたとえるなら、自分自身の強化を棚に上げて、この社会という試合で活躍することなどできません。

自分で自分を助けている、強化しているからこそ、他者をも助けることができるのです。

 

今この瞬間、あなたは自ら助ける生き方を実践しているでしょうか?と著者はたずねています。

まず、自らを助けて生きようとすることが、天を味方につけることにつながるのです。

天を味方につけるということは、失敗が無くなるとか、いやなことが無くなるということではありません。

それは、常に充実した人生を実感できるようになる始まりなのです。

(2)自分の死にざまは自分で決める

これは、裏を返せば、自分の生きざまは自分で決めるということです。

それらを決めるのは、自分自身が何を大事に生きているかに基づいているでしょう。

 

日々の生活の中、なすべきことは刻々と変化し、あなたの意志とはうらはらに周囲から命じられる場面も少なくありません。

けれどもそれをやるあなた自身が何を大事にしているのか、その基準はブレないはずです。

あなたが大事にしている人生の価値基準、それは単なる知識ではなく、あなたそのものと言っていいのです。

ですから、死にざまとは、その人のあり方、すなわち価値基準ということにあります。

 

あなた自身を見つめ、あなたは一体何を大事に生きているかを問うことによってしか見つけることはできないのです。

あなたは何を大事にして生きていますか?

それはなぜですか?

いつ、そのような価値基準を持つようになったのですか?

(3)自分の場所に立つ

それは、あなた自身の足で立ち、生きることです。

何事も自分で決めて生きているかどうかということだと思います。

自分の場所を探すのではなく、いつでもどこでも自分自身が今この瞬間を決めて生きているという事実を自覚している。

そういう人生こそ、自分で立っている人生と言えるでしょう。

 

自分で決めることの難しさを多くの人が主張します。

学校の試験のように「正しい答え」を出すことと思い込んで、難しいと感じてしまうのです。

 

正解を出すことは、自分で決めることでも、自分の場所に立つことでもありません。

ただ、自分で決めて生きているということが、自分の場所に立っていることなのです。

 

正解はわかりません。

そんなあいまいな中でも、あなたが決めたことをあなた自身が尊重して生きることが、あなた自身で立って生きている実感をもたらします。

(4)汝自身を敬え

「汝自身を敬え」。

ギリシャの哲学者で数学者でもあるピタゴラスは、著書『金減集』で私たちにこう語りかけています。

 

すべては自分次第。

自分を敬う。

つまり自分を大事にしなければ何事も始まらない。

 

自分自身を大事にすることを、多くの人は恐れています。

自分を大事にするとか、自分のためにというと、自己中心的に思われ、周囲からあまりいい評価や協力を得られないという不安や恐怖があるからです。

けれども、自分を敬うことはワガママでも自己中心的な考えでもありません。

自分を大事にして、自分がご機嫌で会ったり幸せを感じていたりするからこそ、社会に積極的に貢献しようと思えるのが人間なのです。

自分を大事にできない人が、どうして他人のために行動できるというのでしょう。

 

自分を信じましょう。

自分を好きになりましょう。

そして自分を敬いましょう。

 

大きな理由はなくていいのです。

自分を大切にすることがすべての基本であると著者は言います。

f:id:understandLove:20180114085042j:plain

ピタゴラスの時代から、「自分を大切にすること」の必要性は知られていたんですね~。

しかし、なすべきことが日々変化する中で、意識しないと自分の本当の望みを考えずに時間を奪われてしまうんですね。

だからこそ、今自分の位置に覚悟して立ち、自分の大事にしていることを忘れずに生きる。

じゃあ、大事にしたいことって何なのか?

ワタシの場合は、誰かの笑顔だったり、達成したい何かだったりするのかな・・・・。

あなたの本当の望みは何でしょうか?

 

今日も1日、お疲れさまでした。

ゆっくり休んで素敵な夢を。

では、また。

f:id:understandLove:20180114090100j:plain

不眠症は朝から始まる?良い睡眠習慣は夢を叶える!~「スタンフォード式最高の睡眠」西野精治

「どう起きているか」。

それが、ぐっすり眠れるか否かを決めます。

著者は睡眠の専門家として、睡眠障害の対策を述べています。

わたしたちは、退屈な会議や午後イチの仕事中に眠気に襲われることがあります。

そんなとき、「突然の眠気を抑える」よりも「覚醒のスイッチ」を押すことが大切なのだそうです。

 

まず朝起きてから、すっきり目覚めること。

そして夜に寝るまでの行動習慣が、最高の睡眠を作り出します。

その最高の睡眠こそが、あなたの最高のパフォーマンスを作り出すのです。

f:id:understandLove:20180107163413j:plain

覚醒のスイッチをがっつり押すには?

「覚醒のスイッチ」は、「光」と「体温」。

これは、科学的にも立証されていることであり、あなたも生活の中で感じていることと思います。

この2つを使うことにより、覚醒のスイッチのオン・オフをガッチリとつけることができます。

よく眠るためには、しっかり日中覚醒していることが肝心なのです。

まず、朝の目覚めからこんな行動をプラスすることで、気持ちよい目覚めが促されます。

覚醒戦略

ベッドから出たら、すぐに朝の光を浴びる。

裸足で歩くことで、皮膚感覚を刺激する。

冷たい水で手を洗う、またはシャワーを浴びる。

④朝食。汁物は体温を上げるので良い。噛むことで脳が目覚める。

⑤朝のジョギングは、そのあと眠気が来る人には向かない。

 それは汗だくになると体温が上がりすぎ、発汗により下がって眠気が来るせい。

 そんな場合は速足ウオークが良い。

⑥朝、コーヒーのテイクアウトすることは、カフェインは覚醒に有効だし、店員との会話で覚醒されるので良い。

 1日5杯くらいまでがコーヒーの適正量。

 午後2時は眠くなるように人間はできているので、食後のカフェインは有効。

 夜は代謝が落ちている年齢の人は、カフェインを肝臓で代謝する力も落ちているので、ノンカフェインがおすすめ。

午前中に集中した仕事を行い、午後の遅い時間に向かってイージーモードに持っていくことで、脳の興奮をゆるやかに落としていく。

夕食は、脳の覚醒度が落ちつくためにもとった方がいい。

⑨昼は軽く済ませることで、胃もたれもなく、午後の眠気にも襲われにくい。

 

これをもとにして、「眠たくなる会議」「眠たくなる午後の仕事」でしっかり覚醒する方法も提案されています。

スタンフォード式アンチスリーピングメソッド

まずは、スタンフォードなだけに、「会議に出ているんだから積極的に質問し、発言することが重要」とこのメソッドは注釈をつけたうえで、次のような方法を提案しています。

噛む・カフェイン

・ガムは噛むことで覚醒が促される。特にミント入りなどは覚醒作用がある。

・コーヒーは一般的だが、紅茶や日本茶にも多く、カフェインは抹茶が一番含有量が多い。

・カフェインはチョコレートやココアにも含まれ、効果が期待できる。

飲み物で何とかする

・温かい飲み物は、体温を上げるので覚醒効果がある。

・冷たい飲み物はどうかというと、スポーツでは冷やすことで疲労回復や運動能力が上がる効果があることははっきりしている。

・しかし飲み物については、まだ効果が実験で立証され切っていない。

・が、手が体温に及ぼす影響は大きいことはわかっている。

 

睡眠は未知の部分がまだまだ多い

最新の情報が入ってくる睡眠研究のメッカであるスタンフォードであっても、睡眠についてわかっていることは、今まだごく一部だと著者は言います。

たとえば、夢についても解明されていない部分が多いのだとか。

 

過去のトラウマや日ごろ気になることがあったら、何度も夢に現れるのはなぜなのか?

繰り返し同じ夢を見るのはなぜなのか?

夢が身体的、精神的な状況に影響を受けるのはどうしてか?

日中嫌なことがあると、眠りがそれに左右されるのはなぜなのか?

夢ではストーリーがいきなり始まったり、断片的なのはなぜなのか?

 

奥深く、解明されていない未知の部分であり、いまだ人類最大のブラックボックスである「眠り」。

私たちは覚醒中努力したり、工夫したり、パフォーマンスを上げようとしたりしていますが、それは人生の3分の2の部分の努力です。

そもそも質の良い眠りができていないから睡眠の分断が起こり、睡眠の分断が原因で覚醒の分断が起こります。

覚醒と睡眠が2つで1つだからです。

 

わたしたちが現状の仕事や生活に満足していないのであれば、手つかずのあと3分の1を改善するのはとてもよい方法なのです。

睡眠は眠っている以外の人生においても「ギフト」。

良い睡眠は習慣にさえしてしまえば、さほどの努力は要さない、いわば夢を叶えるもっともシンプルな方法だと著者は言います。

 

睡眠を犠牲にして働くのはやめておこう。

とくに、あなたがクリエイティブな仕事をしたいのなら。

 

そう著者は最後に書いていました。

f:id:understandLove:20180113181530j:plain

夜の退社時間直前あたりにその日一番の爆走モードで仕事をしたりしていた時期は、確かになかなか寝付くことができませんでした・・・。

この本を読んでから、朝起きてすぐに「スマホで好きな漫画を1ページだけ読む」ことにしたところ、笑っちゃうくらい目がしっかり覚めるようになりました。

眠い朝は、コンビニコーヒーのテイクアウトもOKにしてみようかと思います。

セブンのコーヒー、大好きだし。

 

「眠り」も「夢」もコントロールって難しいですね。

本著にあったのですが、実際スタンフォードでも「好きな夢を見る方法」をあれこれ実験して試したそうです。

が、結果は「普通に寝ているときとほぼ変わらない確率」でしか、「好きな夢」を引き出せなかったそうです。

 

よくわからない分野だからこそ、せめて環境だけでも整えていきたいもんです。

 

今夜、あなたが素敵な夢を見られますように。

それでは、また。

 

f:id:understandLove:20180107154700j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてに「つや」を出して開運!?~『願いが叶う!人生が変わる!「引き寄せの法則」』すごい引き寄せ!研究会

今回の著者は、1000人以上の「幸せなお金持ち」「成功者」「大富豪」「セレブ」たちを取材してきた田宮陽子さん。

彼らから確信したのが「つやの法則」だそうです。

f:id:understandLove:20180107083912j:plain

つやを出して光らせるだけで運がよくなる

斎藤一人さんが言った言葉に

「お金持ちとか、成功している人は、みんな内側からにじみ出る『つや』がある」

というものがあります。

各方面で成功している人の話でも、

「つやというものには、計り知れない不思議なパワーがある」

ということを知っている人がたくさんいたそうです。

実は人間の身ならず、あらゆるものの魅力を表す合図が「つや」にあります。

例えば、よく熟れているおいしい果物には、とびっきりのつやがあります。

犬や猫とか、ウサギなどのペットが、元気で生き生きしている様子を「毛づやがいいね!」とほめたりします。

 

自らつやを出すことは、天に向かって「私は絶好調ですよ!」「私は最高の状態ですよ!」「私はみんなに求められていますよ!」「私は人のお役に立ちますよ!」という「旬の状態」をアピールしていることになります。

 

「神様」という存在がいるなら、神様は大勢いの中から、つやのある「見つけやすい人」を真っ先に応援してくれるのではないでしょうか?

だから、つやのあるもののところには、豊かさ、健康、愛情、素晴らしいチャンスなど、ありとあらゆる「よきこと」が集まってくるようになるのです。

 

手っ取り早く、幸せなお金持ちになりたければ、真っ先につやを出しておくことが大切です。

顔につやを出すとお金に困らなくなる

「つやの法則」でまず試してほしいのが「顔につやを出す」こと。

著者は斎藤一人さんの教えを聞いて、何とな~く「顔につやを出す」を実践しました。

クリームやオイルをたっぷり縫って、いつも顔をつやつやにしておくだけです。

著者の場合、顔につやを出した途端、たんすの裏から忘れていた貯金通帳が出てくるという小さなことに始まり、思いもかけないお小遣いをたびもらうことになりました。

 

そのうち、超有名な成功者から編集協力のお仕事をもらい、その本が大ベストセラーに!

増版するたび印税が入るので、お金の流れがあっという間に豊かになりました。

 

著者はそれ以来ずっと顔につやを出し続けています。

ぜひ読んでいるあなたにもやってほしいと著者は勧めています。

つやを出すと、早ければその日のうちに、遅くても3日以内に「びっくりするようないいこと」が舞い込んでくるはずだとか。

髪につやを出すと神様が守り助けてくれる

ある有名美容家さんを取材したとき、「芸能人やセレブは、神の通夜にすっごく気を配っているんです」とおっしゃっていました。

髪がきちんとブロウされてつやつやだと、それだけで豊かそうな雰囲気が出て美人どもかなりアップするとか。

 

斎藤一人さんは「自分の身体は神様の『お社(やしろ)』)とおなじ。

頭には『天の加護』があるから、頭(髪の毛)には、いつもつやを出しておくんだよ」と言っていたそうです。

お金に困って貧しい人は、なぜか髪につやがなくてボサボサの人が多いそうです。

いくらお金がなくても100円ショップでブラシぐらいは買えるはず。

髪の手入れをしない人は、「私なんて価値のない人間だ」(=たくさんのお金を受け取る資格がない)と思い込んでいます。

 

髪をブロウして、オイルをつけていつもつやつやにしておきましょう。

そうすると「私には価値がある!」(=たくさんのお金を受け取る価値がある)ということが神様に伝わります。

つめ

ふとした時、目に入る手の先(爪)。

傷があったり、はがれたりしていると、好印象を持つ人は少ないと思います。

反対に、爪の手入れが行き届いて、つやつやにしている人を見ると、「豊かで幸せな気持ち」が伝わってきませんか?

 

ある有名な手相家の先生に手の先(爪)には宇宙から豊かさのエネルギーを受け取るアンテナの役割があると著者は教えてもらいました。

アンテナをいつもつやつやに磨いておくと、ハッピーなエネルギーをたっぷり受け取れるので、ツキもお金もどんどん引き寄せることができるのです。

ちなみに、女性が爪にネイルを塗る場合は、「透明」「パールピンク」「「ベージュピンク」「ホワイト」「ゴールド」「シルバー(ラメもOK)」がおすすめだそうです。

ナチュラルで本来の爪がとても効果的で、そんな色が金運アップに効果的だそうです。

歯が茶色っぽかったり黄ばんでいる人は、清潔感がなく好印象を持たれません。

「芸能人は歯が命」というCMが昔あったように、白くてつやつやの歯は運気を上げてくれます。

せっせと歯医者さんに通い、頻繁に歯のクリーニングやホワイトニングで「歯につやを出す」ことを大切にしている成功者やセレブが多いのは、そのためです。

 

歯医者さんをイヤがる人もいますが、歯のケアにかけるお金は大きな価値があり、必ずそれ以上の金額になってかえってきます。

とくに前歯にかけた部分があると、そこから金運が逃げるそうです。

f:id:understandLove:20180107090549j:plain

この時期はツヤを出したりクリームやオイルで保湿すると、キモチいいですね。

 

たっぷり保湿して、この冬をゴキゲンにするのも、素敵。

 

今日は、休めましたか?

ゆっくり休んで素敵な夢を。

では、また。

f:id:understandLove:20171230181152j:plain

 

入眠をパターン化する「脳スイッチ」の入れ方~『スタンフォード式最高の睡眠』西野精治

枕が変わったら、ネズミだって眠れないそうです。

慢性の不眠症は人間だけしかかかりませんが、一過性のものは動物にも起こるそうです。

ラットやマウスは住み慣れたゲージから新しいゲージにうつすと、眠りにくくなる、という実験データがあります。

 

f:id:understandLove:20180107155620j:plain

「掃除が行き届いていない、汗臭い安宿に泊まって、すぐには寝つけない」のと一緒。

環境の変化で、人は不眠症になる可能性もあります。

 

つまり、眠りにつく前後の脳は、チャレンジを好みません。

「眠りの天才」は、頭を使わない

睡眠は外敵状況に非常に影響を受けやすいのです。

脳は睡眠の大事なスイッチです。

そのための研究は、また未解決なことがたくさんあります。

たとえば「光」。

スマホやパソコンのブルーライトが睡眠に悪いとされていますが、ブルーライトの影響を睡眠に及ぼそうと思えば、かなり画面に近づけてじっと見続けるくらいのことをしなければならないのです。

どちらかというと、その操作で頭を使ってしまうことで脳に刺激があると思われます。

 

大事なのは、脳を使わないことです。

いつもの環境で頭を使わない、そんな脳のスイッチの入れ方を紹介しています。

脳のスイッチ① 「モノトナス」の法則

ハイウェーで運転中眠くなる原因のひとつは、風景が変わらないこと。

脳は単純な状況だと、考えるのをやめ、眠くなります。

モノトナス(単調な状態)にすることは、眠るための脳スイッチです。

「脳の関所」の突破方法

「いつものパターン」を好むこの性質を利用するなら、「睡眠のルーティン」も役に立ちます。

アスリートがいつも試合前に同じ下着を掃き、いつも同じものを食べ、同じポーズをとるのと似ています。

 

いつも通りのベッド

いつも通りの時間

いつも通りのパジャマ

いつもどおりの照明

入眠前にいつも同じ単調な曲

 

不眠症認知行動療法でよくいわれるのは、「眠れなかったらベッドから離れる」というもの。

ベッドは眠る場所で、本を読んだりテレビを見たりするものではないという正しい条件付けを脳にしてやるのです。

すでいベッドでの読書やテレビが習慣の人は、「いつものパターン」ということで、必ずやめなくてもいい、と著者は言います。

ただし、テレビも本も刺激の少ない退屈なものに。

その意味でスマホは危険です。

 

脳のスイッチ② 正しいヒツジの数え方

睡眠ルーティンとして古くからあるのが「ヒツジを数える」というもの。

しかし、日本語で「ヒツジを100匹数えると眠くなる」というのは間違っています。

 

このルーティンはもともと英語です。

そしてアメリカ人やイギリス人のヒツジの数え方は、

「sheep、sheep、sheep・・・」

英語のsheepは、sleepと発音が似ているからとか、「シープ」と息をひそめる響きが眠りを誘うと、諸説あります。

「ヒツジガイッピキ」より「シープ」が言いやすいのではないでしょうか。

「寝る直前」は、眠くない?

人はみな、ずっと起きていると、「睡眠圧」が上がり、起きているほど眠くなる。

つまり、「眠る直前」が一番眠いはず。

しかし、実験では、通常就寝する時間の直前から2時間前あたりまでがもっとも眠りにくいことがわかりました。

 

入眠ty九禅は脳が眠りを拒否する「フォビドンゾーン(進入禁止域)」というものがあるのです。

これはイスラエルの睡眠研究家ペレッツ・レビー氏が提唱した理論です。いまだ解明されていませんが、現象はほかの研究者も確認しています。

「明日早い!」の秘策

この実験から、脳のスイッチを早く切ろうとすると眠りづらくなることがわかっています。

「明日は早くでかける」

「積み残した仕事を早起きしてやりたい」

とき。

でも、そでは睡眠禁止ゾーンへの侵入だから、かなり難しいのです。

いっそのこと「いつも通りに寝て、睡眠時間を1時間削る」ほうが、すんなり眠れて質が確保される可能性が高いのです。

 

それでも、という場合はいつもより1時間早くお風呂に入って、ストレッチなど軽い運動を組み合わせて体温を作為的に上げることを著書は勧めています。

f:id:understandLove:20180107162824j:plain

 

今日も1日お疲れ様でした。

ゆっくり休んで素敵な夢を。

では、また。

f:id:understandLove:20180107154700j:plain

睡眠のクオリティを上げる3つの「体温スイッチ」~『スタンフォード式 最高の睡眠』西野精治

今年は、最高の睡眠を確保し、日中のパフォーマンスを最大化してみませんか?

スタンフォード大学で30年近く睡眠を研究して得た見地を軸に、「あなたの睡眠を、あなた史上最高にする」方法!

 

たとえば「睡眠時間」。

よく「ノンレム睡眠とレム睡眠の周期の90分の倍数でねむればいい」と言われたりしていますが、そうとは限りません。

f:id:understandLove:20180107144157j:plain

究極のスタンフォード・メソッド

「世界一の睡眠研究所」と称されるスタンフォード大学睡眠研究所と睡眠生体リズム研究所。

そこで蓄積されたエビデンスをもとに、「スタンフォード式 最高の睡眠」が本著述べられています。

「たくさん寝る」はベストな眠りか?

食事でも、モノでも、仕事でも、「量より質」という認識はもはやグローバルスタンダード。

大盛や食べ放題よりも、味が良く、体にいいものを、少なめに食べたい。

たくさんのモノを持つより、質のいいものを厳選してシンプルに暮らしたい。

果てしなく残業し、休日返上で働くよりも、短時間、集中して効率よく働きたい。

 

わたしたちにとってはどれも当たり前のことですが、なぜか睡眠についてはまだ「当たり前」ではないのです。

でも実際、忙しい日常を送る現代人にとって、「今以上」の量の確保は現実的とは言えないですよね。

 

さらに、睡眠時間が長すぎるとかえって体に悪い、というエビデンスも出てきています。

「最強の覚醒」をつくる睡眠、「最高の睡眠」をつくる覚醒

最高の睡眠の答えは、「脳、体、精神」を最高のコンディションに整える、「究極的に質が高まった睡眠」。

睡眠と覚醒(パフォーマンス)はセットになっています。

スタンフォードで見つけた「睡眠の法則」

そのカギは、本著で言う「90分の黄金法則」。

レム・ノンレムの周期にかかわらず、睡眠の質は、眠り始めの90分で決まります。

最初の90分さえ質が良ければ、残りの睡眠も比例して良質になることが分かっています。

逆に最初の睡眠でつまずいてしまうと、どれだけ長く寝ても自律神経は乱れ、日中の活動を支えるホルモンの分泌にも狂いが生じます。

どんなに忙しくて時間がなくても、「最初の90分」をしっかり深く眠ることができれば、最高の睡眠がとれる、と著者は断言します。

体温は「上げて・下げて・縮める」

睡眠に関する本でよくあるように「深部体温を下げれば眠くなる」だけでは正しい理解とはいえないと著者は言います。

大切なのは皮膚温度と深部体温の差を縮めること。

そのためにはまず、皮膚温度を上げ、熱放散して深部体温を下げる。

体温もメリハリが大切です。

①覚醒時は体温を上げてパフォーマンスを上げる(スイッチオン)。

②皮膚温度を上げ(オン)、熱放散すると、深部体温は下がり(オフ)、入眠する

③黄金の90分はしっかり体温を下げて(オフ)、眠りの質を上げる

④朝が近づくにつれて体温が上昇し(オン)、覚醒していく

 

このメリハリがあると、最初の90分はぐっと深くなり、すっきり目覚められます。

 

では、いかに体温をオン・オフするのでしょうか?

睡眠のクオリティを上げる3つの「体温スイッチ」

体温スイッチ① 就寝90分前の入浴

入眠時に意図的に皮膚温度を上げて、深部体温を下げる。

この上げ下げは良質な眠りに欠かせません。

さらに、深部体温のある作用を利用すれば、皮膚温度と深部体温の差をより縮めることができます。

その方法に最もよいのが「入浴」。

軽い運動では交感神経が刺激されてしまうので、入浴が一番。

眠る90分前ににゅよくを澄ませておけば、そのあとさらに深部体温が下がっていき、皮膚温度との差も縮まり、スムーズに入眠できます。

すぐ寝るときは「シャワー」がベスト

入浴後は熱放散のため、夏でも冬でも発汗しています。

ゆえに、忙しくて入眠90分前の入浴が無理な人は、ぬるい入浴かシャワーで済ませるのがベストです。

〇〇風呂ならさらに効果アップ

40度のお風呂に15分入ると深部体温が0、5度上がるというのがわかっています。

スタンフォード秋田大学の共同研究では、炭酸泉、ナトリウム泉、ふつうのお風呂でそれぞれの体温変化を調べました。

すると、炭酸泉やナトリウム泉といった温泉浴のほうが普通浴よりも深部体温が大きく上がりました。

さらには、睡眠第1周期のノンレム睡眠からも、睡眠スイッチとしては温泉のほうが効果が高いことが分かりました。

体温スイッチ② 足湯に秘められた教委の「熱放散力」

シャワーよりも効果的な速攻スイッチは、「足湯」。

足湯は足の血行を良くして熱放散を促し、入浴と同等の効果があります。

しかも、寝る直前でおオーケーです。

足湯の目的は「足の血行を良くして熱放散を活発にすること」なので、マッサージでも同等の効果は期待できます。

ただし、自分でやると体に力が入ってリラックスできなかったり、やりかたを工夫して頭を使うと脳がつかれて、睡眠には向きません。

靴下を履くと眠気が逃げる?

足が冷たくて眠れない、という人は多くいます。

特に女性。

眠るときも靴下を履く、という話はよく聞きます。

でも、靴下を履いたまま寝てしまうと、足からの熱放散が妨げられます。

脱がない靴下は、眠りの助けにはならないのです。

運動やマッサージなど

日ごろから手足の血流をよくすることが必要です。

 

電気毛布や湯たんぽもありますが、ずっと温めていたら今度は熱が溜まる「うつ熱」現象が発生し、熱放散が起きなくなります。

もし使うのなら、寝る前だけにするとよいのです。

 

結局のところ、冷え性の人に1番良いのは、抜本的な体質改善。

運動不足を解消して血流量を増やす。

タバコを吸っているならやめるなど。

体温スイッチ③ 体温効果を上げる「室温コンディショニング」

眠りというと寝具の相談になりやすいと著者は言います。

掛け布団より敷布団の材質のほうがその効果の違いは大きいそうです。

また、どんなにいい寝具でも、室温を整えておかないとメリットを引き出せません。

日本は局所だけ温める文化なので、真冬でも「寒い部屋にこたつだけ」「分厚い布団にエアコンなし」というのも珍しくありません。

入眠後は自然と体温が下がります。

そのうえ、発汗による過剰な熱放散があると、体温が下がりすぎて風邪をひいてしまいます。

これが、夏風邪の原因のひとつ。

 

室温が低すぎると血行が悪くなります。

それにより熱放散も怒らず眠れなくなったり。

 

睡眠に悩んでいるなら、エアコンを切り替えてみましょう。

「お休みモード」といったタイマー設定もあります。

体温は外気温にすぐには反応しないので、睡眠ステージごとに室温を細かく調整する必要はありません。

しかし、ある程度快適な室温をコントロールすることで、快眠を促す可能性が高いのです。

f:id:understandLove:20180107154242j:plain

寒くても、つい「布団に入ればいっしょ!」と思ってみても、なかなか眠れなかったりしました・・・。

エアコンって大事。

 

明日は、「脳スイッチ」について。

「正しいヒツジの数え方」など。まじです。

 

今日も1日お疲れさまでした。

ゆっくり休んで、素敵な夢を。

では、また。

f:id:understandLove:20180107154700j:plain