猫のメメとモエ

生命線があと10年分しかない!どうせなら、やりたいことに(あまりお金をかけずに)ちょっかいを出すことにした猫好きのブログ。メンタルトレーニング、自己啓発、一人旅、猫めぐり、山歩き、真剣な子育て、ジョギング、写真。その他いろいろ。

下着で贅沢 しあわせ気分~『自分で考えて生きよう』松浦弥太郎

「おしゃれになりたい!」日々そう願いながらも、学生時代から服のセンスが良かったためしがない!

しかし今ファストファッションもいろいろあるし、考え方次第でもっと楽しめるはず!コスパで自分の身の丈に合わせたおしゃれを、この重ね着の楽しい季節に味わいたいと思いました。

松浦弥太郎さんは、生き方がおしゃれなクリエイティブディレクターです。

 

著者に言わせれば、立派な仕事もすてきだけれど、プライベートをきちんと積み重ねている毎日の生活は、ほんとうにリッチな気持ちにさせてくれる大事なもの。

日々の「工夫・コツ」は、わたしたちの生活をお金のあるなしにかかわらず、豊かにしてくれる魔法です。

『暮らしの手帳』やクックパッドの「くらしのきほん」の編集長をつとめた著者の、暮らしを愛するちょっとしたヒントです。

 

f:id:understandLove:20181208161255j:plain

下着で贅沢 しあわせ気分

冬になると、週の半分は、タートルネックのニットを着ているという著者。

ジャケットをはおればカジュアルにはならず、暖かさもあって重宝します。

最近のにっとは、スリムにデザインされていて、とくにタートルネックのニットは痩せていないとかっこ悪い。

だから著者は、毎冬タートルネックのニットを着るために、がんばって体型維持をしているのだとか。(うわ、すごいオシャレ意識高いな~!)

 

タートルネックのニットを着るとき、インナーに何を着るかというと、Tシャツなのだとか。

冬にインナーとして着るものは、体の線にピッタリしたもの。

素材はシルクコットンの混紡など、柔らかい肌触りが気持ちいい。

安いのから高いのまでいろいろあるけれど、人に見えないおしゃれだからこそ、手を抜くと貧乏くさくなってしまう。

いろいろ試した結果、「HANRO」のTシャツに行きついたそうです。

ちょっとお高いけれど、とにかくしあわせ気分いっぱいの贅沢ができるそう。

おしゃれも練習が大事

秋から冬にかけては、おしゃれが楽しい季節。

シャツにジャケット、コートにパンツ、マフラーというように、身に着けるものが多くなるから。

素材、柄、色、デザインというように、どういうふうに組み合わせたらバランスよく、おしゃれができるのか、これはプロでもなかなか簡単そうで難しいのだそうです。

シャツやコートなど、上質な服を単品で身に着けただけではおしゃれにはならない。

何よりも組み合わせが大事なんだそうで。

よいものを着ることで、人より目立つかもしれませんが、目立つことがおしゃれだと勘違いしてはいけないそうです。

あれこれと組み合わせを試してみて、バランスの良い組み合わせを見つけて、パターンをメモしておくと、出かけるときに役立ちます。

 

しかし、それでも、いざ外に出かけてみてもしっくりこないと感じることも。

家の中で見る感じと、外で見る感じが違うのです。

 

そこで著者は、人庭ない休日の午前中など、これはどうだろうという組み合わせをして、近所に散歩に出かけているそうです。

要するに、おしゃれの練習です。

すると、組み合わせの良い悪いが分かるそうです。

そんな練習を繰り返して、バランスの良い組み合わせを見つけておくと、大事な日のおしゃれに悩むことが無くなるとか。

何事も練習だそうです。

 

猫背も自分の生き方

デスクワークが多い著者は、運動不足のため、毎朝ランニングをしているそうです。

ランニングは肩こりの解消にもあり、運動前後のストレッチで縮こまった身体を伸ばすのにも役立っています。

著者の姿勢は猫背気味なので矯正もかねて。

 

猫背は悩みの1つ。

姿勢をまっすぐにしようと心がけていても、デスクワークに根を詰めていると、いつの間にか背中が丸くなってしまうのです。

 

先日、そんな悩みを整体師に相談してみると、思いがけない答えが返ってきました。

著者の場合は「無理に治さなくてもいい」と言うのです。

「ある意味、猫背はあなたの生き方でもあるからです。

よほどのことがない限り、自分の生き方は変えることができませんから、変える必要もないでしょう。

猫背気味になるのは、集中力が合って、物事の思索に長けているからとも言います。

事業などで成功している人もいます」

 

猫背が生き方でもある、という考え方もあります。

著者にとって猫背はコンプレックスでもあり、とにかく治さなければとおもっていたのですが、ものは考えようです。

 

それからというもの、猫背の悩みはすーっと軽くなり、たまに気を付けて、背中をそらすなどのストレッチを心がける程度に。

悩まなくなると不思議なことに、猫背がまっすぐに矯正されたような気になったり。

病は気から、と言いますが、その通りなのかもしれません。

f:id:understandLove:20180916185052j:plain

今日もお疲れさまでした。

寒い日は暖かいところで、伸びをすると気持ちいいですね。

ゆっくり休んでくださいね。

 

では、また。

f:id:understandLove:20181208164147j:plain

 

『本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる』横田真由子

ワタシは人並み外れるレベルでの忘れっぽい性格なので、仕事バックは大きめです!

仕事バッグは「秘書」であり「戦友」であり、「一番の仕事仲間」みたいなもの。

ドラえもんの4次元ポケットか?というほど、書類や持ち物で詰まりまくる時期もあります。

 

でも、休日のおでかけや「ちょっとそこまで」の買い物の時には、小さいバックを愛用するようになりました。

この本に出会ってからです。

肩にずしりとクるでかバッグは、うっかりさんにとっては「安心の証」ではあります。

でも肩こりさえ引き起こしがちな重さをウイークデーに感じているからこそ、ちょっとしたときに、「小さなバッグ」を使うのは空を飛ぶような軽快な気分です。

そのために、今年は軽い手帳とか、小さい財布とか用意しちゃうくらい。

バッグの重さを変えることは、人生を「ミニマムリッチ」な方向に転換させていきます。

もちろん、常時「ミニマムリッチ」は無理です。

でも、「今日はどこに旅行に行くの?」と同僚に笑われるほどに、「常態」で「重い」バッグを持つことからは解放されました。

 

著者はグッチの販売スタッフを務めたのち、キャリアカウンセラーとして12年で述べ3000人の働く女性と会ってきました。

 

悩めるキャリア女性たちと会う中で気づいたことは、「がんばりすぎる女性は、バッグが大きい人が多い」ということです。

パソコン、書類などの仕事に必要なものから、のど飴や折り畳み傘、カーディガンやエコバッグなど、万一のものをすべてそろえていないと、なんとなく心配だったり。

 

かつての著者もそうでした。

f:id:understandLove:20181208111539p:plain

まわりに「がんばり屋だね」と評価されるほど、ばっぐ はどんどん大きく重くなり、肩にかかる重みは増していきました。

それでも走り続け、結果は出ましたが、部下にも自分と同じだけ励むことを求めてしまい、「かわいげがない」「あなたは一人で大丈夫だから」と言われるようになりました。

バッグが大きくなるにつれ、孤独感を抱えるようになりました。

 

ある日、上司とお客様宅へ訪問するとき、パスケースが見当たらないという事態になりました。

電車に乗り遅れ、せっかちな上司に冷や汗をかきながらも、1時間に2本しかない電車に乗りそこないました。

 

これがもし、小さいバッグだったら、人を待たせることもなかったし、自分が焦ることもなかったでしょう。

持ちすぎる不幸

当時著者は、衝動買いで仕事のストレスを発散し、毎シーズン大量のお金をファッションにつぎ込んでいました。

クローゼットも服でパンパン。

特に靴が大好きで、下駄箱に入りきらない靴は狭い玄関を埋め尽くしました。

それでもお構いなし。

 

当然、いざとういうときに着た衣服はなかなか見つからず、奥の方から引っ張り出して着ようとしても、ハンガーからずり落ちてしわしわ。

靴も手入れができていないので、履いてみると雨ジミがのこったまま。

 

パスケースが見つからず電車を逃したのは、こんな生活の積み重ねだったのです。

シンプルに暮らすことは、これからの時代に必須の言葉と言えます。

 

バッグを軽くする方法

著者は、日ごろのバッグを軽くする方法として、次の4つを挙げています。

①家に帰ったら、いったんすべてのものを取り出す習慣をつける

②出かける前に、「今日は何をする日?」と考える

③「ちょっと保留期間」を作る

 もしも、の時に備える充電器やマイボトルの類は多いものですが、それらの重さがあなたの足かせになることも多いのが事実。1週間だけ自宅で置いてみる。

④詰め込まずに、「分ける」こと。

 女性はトートバッグとショルダーバッグなどの2個持ちをする人も増えています。うまいやり方として著者も賞賛しています。

 

 

・・・・すみません。私は、うっかり者なので、

①帰ったらいったんすべてのものを出す

をやって、忘れ物が発生しました・・・・。

②今日は何をする日か考える

なども、著しく苦手です。

ですから、③と④を再スタートしようと思います。

マイボトル3本持ち、というもう笑っちゃう事態なので、そこから始めます。

 

小さなバッグは限りある貴重なあなたの人生の時間

バッグをちょこっとでも片づけていくと気づくのが、「必要と思っていたけれど、いらなかったもの」が多いこと。

 

人生の限りある時間は、まさに小さなバッグです。

何もかも持とうとして、結局は何も持てないということがあります。

だから、

それがあなたが確実に、価値あるものと向き合い、長く続く関「自分の限りある時間をかけて愛したいのは、これだけ」とはっきり決めてしまうこと。係を築いていく秘訣です。

 

f:id:understandLove:20181201183338j:plain

今日も1日お疲れさまでした。

ゆっくり休んでくださいね。

では、また。

 

f:id:understandLove:20181208121617j:plain

 

現実から目をそらさない~『人生はニャンとかなる!』

勝海舟が「青柳」という料理屋に入ったときのこと。

店内を見渡すと、おかみが掃除をしたりもちを運んだりと忙しくしていました。

「この店は景気が良いように見える」と勝は言いました。

すると女将は「とんでもありません」。

f:id:understandLove:20181208104444p:plain

顔に出てない?

女将さんは答えました。

「お店にはお金は一文もなく、亭主は金策に出ています」

そしてこう続けました。

「人気の呼吸というものは難しいもので、苦しさをお客様や雇人に見せてしまいますとだめになります」。

 

勝はこのとき、外交でもなんでも、すべてはこの「呼吸」にあると悟りました。

「大変良い学問をさせてもらった」と手持ちの30両を用立てたそうです。

苦しい時も、弱音を吐かずに元気にふるまうこと。

それが幸運を呼び込むための秘訣かもしれませんね。

 

「黙っていても 顔が声と言葉を持っていることがある」

オヴィディウス(古代ローマの詩人)

 

「人の心は顔に表れる。だからABCの読めない人でも、顔を見れば性格を読み取れるのだ」

トーマス・ブラウン(イギリスの作家・医師)

 

「顔色や容貌を、いきいきと明るく見せることは、人間としての基本的なモラルである」

福沢諭吉慶應義塾創設者)

現実から目をそらさない

半導体メーカーのインテルは、1970年代にメモリチップ事業を独占しようとしましたが、すぐに次々と競合他社が参入してきました。

そして1980年代前半には、日本企業がインテルよりも高品質のメモリチップを開発し、その商品がすぐさま市場を席巻したのです。

そのときアンドルー・グルーヴは、インテル創業者であるゴードン・ムーアにこう尋ねました。

「もしわれわれがクビになって、新しいCEOがこの会社にやってきたら、彼は何をするだろう?」

ゴードンはすぐさまこう答えました。

「メモリチップから撤退するに決まっている」。

 

するとグルーヴは言いました。

「会社を辞めたつもりで一緒にドアから出て、また戻ってこないか。

そして、新しいCEOがやるだろうことを僕たちがやろう」。

 

こうして、インテルは本当にメモリチップ事業から撤退し、マイクロプロセッサ事業にフォーカスし、息を吹き返すこととなったのです。

 

現実を直視することは、痛みを伴うこと。

しかし、そうすることでやるべきことは必ず見えてきます。

 

「私は現実をしっかりと見据えた理想主義者になりたい」

ロバート・ケネディ(米国の政治家)

 

「自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ」

岡本太郎(芸術家)

 

「起こったことをあるがままに受け入れよ。

それが不幸な結果を克服する第一歩である」

ウィリアム・ジェームズ(米国の心理学者)

f:id:understandLove:20181201202039j:plain

職場でも、明るい笑顔を絶やさない人にいつも救われています。

その人はけっこう大変なポジションにいるのですが。

 

現実の自分の状況を見つめなおすのって、ほんとうに勇気が必要ですが、すてきな人ってそれが見えている人だったりします。

 

今日も1日、お疲れさまでした。

週末は少しはゆっくりできますか?

素敵な夢が見られますように。

では、また。

f:id:understandLove:20181208110923j:plain

 

 

『世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?』戸塚隆将

世界最強の投資銀行であるゴールドマン・サックスや世界最高のコンサルティング・ファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニー、そしてハーバードビジネススクールなどの就職世界ランキング1位や2位の世界で生きる人々。

その人たちが実は大事にしていることは、「基本に徹する」こと。

そうした世界で生きてきた著者が、彼らの共通する「基本」を4つにまとめました。

①人との「つながり」を大切にする

②「自分磨き」を一生継続する

③「日々の成果出し」に強くこだわる

④「世界的な視野」を常に意識する

 

本著では、それら4つのポイントについて、さらに具体的にエピソードを加えて紹介しています。

f:id:understandLove:20181202183438j:plain

相手への興味を真摯に持ち、質問する

人との距離は、お互いが相手を良く知ることで深まります。

初めてあった人の名前を覚えたら、次にやるべきことは、お互いがお互いをもっと知る努力です。

そして、まずはあなたが相手について知る努力をすることです。

そのためには、相手に興味を持つことがスタート。

 

人は自分に興味を持ってくれる人には、自然と好意を抱くものです。

気づけば、自分の話ばかりしてしまうものです。

理由は、相手が関心を示し、質問してきたから。

最初は、自分のことを話すことに抵抗を感じるかもしれませんが、こちらが興味をもって質問すれば、相手は心を開いてくれます。

重要なことは、まず自分から本気で相手に関心を持つことです。

表面的な興味ではなく、その出会いから何かを学ぶ、新しいことを吸収する。

こういった探求心や好奇心から生まれた質問は相手にも必ず伝わります。

エレベーターで他人を先に降ろす余裕を持つ

心に余裕があると、行動にも余裕が生まれます。

行動に余裕があれば、心にも余裕が生まれます。

心に余裕を持つ意識を保ち続けるには、「アフター・ユー」の精神を持つことで、忙しい年末も、あなたは気持ちにゆとりを持つことができるようになります。

ハーバードの学生は、みんなびっくりするほど「アフター・ユー」が板についていたそうです。

見事なまでの自然体で。

日本人には暗黙のルールとしてある「アフター・ユー」の精神ですが、アメリカのエリート社会では、幼少のころから譲り合いの精神として教え込まれているものだそうです。

読んだら3倍考える、マッキンゼー流読書術

ネットのおかげで、情報収集は信じられないほど容易になりました。

逆に言えば、情報量では差をつけられないから、いかに自分なりの意見を持ち、さらには意味合いを導き出せるかこそ、価値の源泉になります。

どのようにして、自分の意見や独自の考えを構築すればよいのでしょう。

 

まずは、読書なり、新聞なりを読んだ際に、読んだ時間以上に考える意識をつけることが効果的だそうです。

1冊の本を一気に読み進めた時に2時間かかるとすれば、その倍の6時間で考えることです。

多くの人が、「読んだら考える」を無意識のうちにある程度実践しています。

読んだらちょっと手を止めて、頭の中に整理していくこと。

読み進めるのに時間がかかってくることになりますが、このプロセスは重要です。

世の中は「正解のない問い」にあふれています。

それに取り組む脳を作っていくには、意識して考えることが重要です。

どんな理由が合っても10分前には現地到着

約束の時間を守ること。

万国共通、普遍的なルールだそうです。

遅刻しない人は、信頼されます。

時間を守ることへの信頼であり、基本をしっかりやる人への安心感であり、根底にある自己規律や意識の高さに対する尊敬にもつながります。

 

ゴールドマンに著者が勤めていたときに、クライアント役員との会議に向け、先輩と直前まで資料準備に追われ、会議の始まるぎりぎりになって上司のもとに立ち寄り、タクシーに飛び乗って会議に駆け付けたことがあったそうです。

その時は運よく時間に間に合いましたが、行きがけの移動中、その上司から厳しく注意を受けたそうです。

 

仕事を抱えて、日々の忙しさにかまけてしまい、ついつい5分の遅刻を仕方ないと思ってしまうことは、たとえ一流のバンカーであっても、絶対に許されないこと。

超のつく一流企業だからこそ、実は基本を何よりも大事にしていたのだそうです。

明日の朝イチでダッシュをかけるための儀式

毎晩夜中2時過ぎまでオフィスで仕事をし、翌朝9時の始業ぎりぎりにオフィスについていた著者。

オフィスビル1階のコーヒーショップで、パンとコーヒーを買って自席についていました。

眠い目をこすり、PCを立ち上げ、メールボックスにうんざりしていると、先輩に言われました。

「お前、朝飯くらい家で食ってこい。

朝一の出社直後の貴重な時間を無駄にするな」

その先輩は日本の金融機関から転職してきたバンカー。

入社こそ著者より数か月先ですが、超一流のビジネスマンでした。

 

その日からその先輩を良く観察していきました。

このAさん、帰宅時間は遅く、日付が変わる前に帰宅することは、他のバンカー同様ほとんどありません。

複数のプロジェクトを掛け持ちする中で、資料をプロジェクトごとに整理整頓し、机の作業スペースからファイルに整理する。

そして、1枚のペーパーに明日のTo Doリストを書き上げ、翌朝出社時から全力で仕事に取り掛かれるように、優先順位をつけてかrあ席を立っていたのです。

 

著者も早速まねしてみたそうですが、朝の時間の効率性が一気に変わったそうです。

f:id:understandLove:20181111205629j:plain

今日もお疲れさまでした。

ゆっくり休んでくださいね。

では、また。

f:id:understandLove:20181203220247j:plain

 

 

 

 

 

 

 

来年の手帳は 千円以内なのに高級感?軽くて いっぱい書き込める!パイロット「コレト」

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」

 

手帳は分身ですよね!

あなたにとって、分身は何でしょうか?

スマホだったり、メモ帳だったり、日記帳だったりするのでしょうか。

 

何かと忘れることが多いADHD傾向なワタシにとっては、オフタイムの管理に手帳は不可欠です。(仕事用は分厚いのが別にあります)

手帳の中には、「引き寄せ日記」とか「ありがとう日記」、そして楽しい「PDCA」。

書きたいことがいっぱいです。

 

手帳と向き合う時間は、自分と向き合う時間。

だから、フリーページ命なのです。

しかし、重いと持ち歩けなくなり、「お!今がいい手帳タイムだ」と思う瞬間に手元にない!という重大事案が発生しておりました。

しかし、薄いタイプってイマイチだったりしませんか。

 

薄く、小さく。

しかもフリーページあり、そして月予定も書き込みたい!

それでいてカフェで広げるから見た目だってめちゃめちゃ重視したい!

f:id:understandLove:20181201184038j:plain

毎年この時期になると、迷うこと迷うこと・・・。

楽しくてしょうがないんですけど、ね。

今回は休日を4時間使いました。

本当は行きたかった日帰り温泉さえ返上して、手帳探しです。

文具を多めにそろえた店を3つ回りました。

 

手帳はワタシにとっての「同士」であり「パートナー」。

最近は「引き寄せ」とか「ありがとう日記」とか、いろいろ楽しんでいるので、フリーページの充実が選択を左右します。

しかも、忘れやすいのでマンスリーページも絶対欲しい。

手帳術の本を読んでトライしているのですが、それぞれ正直いいんですよ。

しかしそれによりやりたいことが年々増え、年々微妙に手帳が大きくなってきているのが、悩みなんです・・・。

 

でもね、重たいと結局バッグに入らないじゃないですか。

ランチにも持っていける小さなバッグにも入っていてほしい。

だからといって、ありがちな かた~いタイプは・・・う~ん。楽しくない!

家でもカフェでも開きたいから、それなりのごきげんな質感とルックスも欲しいんですよね・・・。

 

そして、出会えました!

専門店のすみっこで出会った、今年はこちら。

f:id:understandLove:20181201184313j:plain

パイロットの「コレト」。

一見地味です。

が、皮の質感がいいのと、縦横のバランスが絶妙なのですよ。

普通のボールペンをさすと、ピッタリなじむ長さです。

実はこの縦横のバランスも、絶妙にかわいさを演出してくれます。

お気に入りのペンを差し込むことで、ぐっとグレードの上がった見た目に変身するように、設計がされています。

合皮カバーは破格の600円です。

安い!

 

実は15センチ×10センチ程度のごく小さいサイズながら、超すぐれもの。

中に自分の好きなノートをチョイスして入れるシステムです。

 

専用ノートも200円とかですよ!?

フリーページがいっぱいになったら、そこだけ交換すれば薄さをキープし続けられるんです!

マンスリーのノートとフリーノートを一緒に入れても厚さは1センチでした。

 

 

カバーは、合皮タイプのほかに蛍光色のポップなタイプ、本革タイプ(2700円ちょっと)。

厚さや材質がさまざまで、さらにとにかくカラーバリエーションが豊富です。

長い歴史とパイロットさんの愛情を感じるラインナップ。

気に入ったら、来年は本革で行こうかな~。

f:id:understandLove:20181201185502j:plain

中に入れるノートのバリエーションも、さすがのパイロット!

ウイークリータイプ、日記タイプ、無地タイプなどもあります。

そして、フリーの罫線ノートでさえ2種類あるのです!

厚いの(1センチ程度?)と薄いの(5ミリ程度)があります。

フリーのノートは取り換えられるので、安心してガツガツ書き込めますよ!

注意欠損気味なワタシは、たくさん書き込めるって、すごく安心なんです。

 

あまりにも気に入ってしまったので、11月からのフライングで使用をスタートしております。

しかももうフリーの罫線ノートは半分使ってしまったのです。

そこで今日焦って同じ店にフリー罫線のノートを買い足しに行ったところ、薄いタイプはラスト2冊のみだったので、すべて押さえさせてもらいました。

アマゾンではフリー罫線の薄い方は見当たらないので、今のうちにあちこちで探す予定です。

1冊150円ですよ!安い!

ここのところ、2000円くらいの手帳を使っていたので、フルセットで買って1000円ちょっとの破格値に驚きです。

リピーターになったら、分厚い方のフリー罫線ノートがきっと欲しくなるんだろうな・・・。

 

今までは、けっこうキラキラした感じの手帳に惚れ込んでおりました。

ブランドロゴ入りとか。

しかし、老舗パイロットの底力に脱帽です。

質感の上品さ。

ペンホルダーの強さ。

何より持ち運びの良さは完璧です。

 

おかげでPDCAが毎日回せるので、毎日が充実しています。

退勤時間を早めることにも大成功です。

よい手帳に出会えると、本当にハッピーになります。

 

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

合皮とはいえデザインがいいので、そこに合わせるボールペンで表情が変わります。

注意が欠損しがちなワタシは、よく鞄の中でマイボトルのふたの閉まりが雑で、書類もろともコーヒーによる水難事故を起こすので、しばらくは合皮で行こうと思います。

 

でも、

欲しいな、本革!!

f:id:understandLove:20181201201622p:plain

今日も1日お疲れさまでした。

ゆっくり休んでくださいね。

では、また。

 

f:id:understandLove:20181201202039j:plain

 

 

 

 

 

 

 

意志力を上げる方法~『図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル

自己コントロールは筋肉に似ているそうです。

使えば疲労しますが、トレーニングで強化することができます。

f:id:understandLove:20181201180705p:plain

よいことをすると、悪いことがしたくなる

自己コントロールを発揮して、がんばってやるべきことをやると、私たちはよいことをした気分になり、つい悪いことをしたくなってしまうようにできています。

心理学ではこれを「モラル・ライセンシング」と言います。

これは血糖値や意志力が低下したせいではなく、「がんばったのだから、ごほうびがなくちゃ」と、自分の大切な目標を忘れ、誘惑に負けてしまうのです。

 

努力して、それをさらなる進歩につなげるには、自分にまちがった「ごほうび」を上げるのではなく、がんばっている理由とモチベーションを思い出しましょう。

「なぜ」を考えれば、姿勢が変わる

「がんばった自分にごほうびを」と思っている自分に気づいたら、「なぜ」自分はがんばっているかを改めて思い出すと効果があります。

 

香港科技大学シカゴ大学の研究です。

自分が誘惑に負けなかったときのことを学生に思い出してもらったところ、モラル・ライセンシング効果による反動で、そのあと70%の学生が自分を甘やかす行動をとりました。

しかし、学生たちに「なぜ誘惑に負けなかったのか」という理由をたずねたあとは、69%が誘惑に負けませんでした。

 

「なぜ」という理由を思い出すと、ごほうびが目標を妨げる脅威に思えて、誘惑に負けて好きなことをするのが楽しそうに思えなくなるのです。

「明日も同じ行動をする」と決める

日の寄って自分の行動にばらつきが出ないようにすることで、「こんなことを毎日続けていいのか?」と自分に問いかける、という方法です。

 

行動経済学者のハワード・ラクリンは、自分の行動を変えたい場合、いきなりやめるのではなく、日によってばらつきが出ないようにすることから始めるとよい、と提唱しています。

 

たとえばタバコ。

「毎日同じ本数を吸う」と自分で決めると、「タバコの量を減らしなさい」と言われてもいないのに、自然と喫煙量が減ります。

「明日から減らせばいいや」という言い訳ができず、明日以降も同じ本数をずっと吸い続けることの重みを感じるからです。

 

これを意志力のチャレンジに生かします。

日によって自分の行動にばらつきが出ないようにし、自分の選択肢が将来に影響を及ぼすことを確認しましょう。

ドーパミンの「引き金」に気づく

私たちの身の回りには、誘惑がいっぱいです。

誘惑の仕掛けに気づくことで、衝動に流されないようにできます。

 

パソコンやFacebook、ライン。

私たちにはドーパミンの放出を促す道具でいっぱいです。

まるで携帯電話やパソコンが脳に繋がっていて、ドーパミンを絶えず刺激しているかのようです。

テクノロジーほど脳に依存性をもたらすものはなく、私たちはさらなる刺激を求めます。

ゲームのデザイナーは脳の報酬システムを利用してプレイヤーに「次はすごいスコアが出せるかも」と期待させます。

ゲームをやり続けると、大量のドーパミンが放出されるので、人はゲームに病みつきになってしまうのです。

 

生活の中にも「引き金」はいっぱいあります。

ドーパミン神経細胞を刺激し、お金を使わせようとする刺激に気づきましょう。

例えばスーパーだったら、試食や試飲コーナー。

パンやお菓子の香り。

入り口付近の目玉商品。

 

テレビ通販でも価格のトリックがよく見られますよね。

「1点買えばもう1点無料!」

「タイムセールです!」

「今回限りの60%OFF!」

 

マーケティングの仕掛けは巧妙ですから、私たちは意識しないでいると、常にいろいろなものが欲しくなるようにできているのです。

「やる力」とドーパミンを結びつける

このドーパミンの働きを逆手にとって、面倒なことを片付けることができます。

ドーパミンが放出されると、「報酬の予感」が生まれ、私たちは手に入れるために必死になります。

 

具体的な報酬を設定すれば、つまらないものでもやる気が出ます。

ある程度勉強したら、少しだけゲームをやる。

面倒な仕事はお気に入りのカフェでホットチョコレートを飲みながら片づける。

そんなちょっとした技でも、結構効果はあります。

f:id:understandLove:20181201183338j:plain

明日からの1週間があなたにとってすてきな毎日になりますように。

では、また。

f:id:understandLove:20181201172459j:plain

ゆっくり呼吸すると自制心を発揮できる~『図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル

あなたが今年やりたかったけれど、やり残しているチャレンジは何でしょうか?

「やる力」。

もしくは、暴飲暴食ややめたい習慣などを「やめる力」。

そして「望む力」。

意志力にはその3つがあります。

これらを活発にするには、ポイントがあります。

f:id:understandLove:20181201170725p:plain

もう1人の自分に名前を付ける

たとえば、やせたいと願う自分と、クッキーを食べたくてたまらない自分。

そのどちらも自分であり、私たちは2つの自己の間を行き来しています。

「賢い自分」を呼び覚ます方法。

 

意志力の問題は、衝動的な自分ともっと賢い自分というふたつの自己のせめぎあいから生じます。

そこで、衝動的な自分にあだ名をつけるのが効果的だという人もいます。

たとえば、クッキーを食べたい自分には「クッキーモンスター」など、おかしな名前を付けてみます。

すると、目先の欲求を満たそうとする自分になりかけたときに、はっと気づいたり、賢い方の自分を呼び覚ましたりするのに役立ちます。

選択をふりかえって分析する

自己コントロールを強化するには、まず自己認識力を高める必要があります。

意志力のチャレンジに関する選択をするときは、自分がどんな選択をするかをはっきり意識することが大切です。

たとえば仕事帰りにジムに行くか行かないか、といった単純なことでも、自分がなにげなく行った選択が影響を及ぼしていたことに後から気づくことがあります。

仕事の後いったん帰宅しなくても済むように、朝にジムの用意をしたかどうか?

就業間際の長電話のせいで、おなかが空いてジムに行けない?

1日の終わりに自分の選択を振り返って、「自分がいつ目標を達成するための選択、妨げる選択をしたのか」を分析しましょう。

自分の選択を振り返ることで、いい加減な選択が減っていきます。

5分で脳の力を最大限に引き出す

瞑想して呼吸に意識を集中すると、脳が鍛えられ、意志力が強化されます。

ストレスも減少し、欲求や心配などの内的な要因や、見えるものや音、においなどの外的要因にも気が散らなくなります。

 

最近の研究では定期的に瞑想を行うと、禁煙や原料、薬物やアルコールへの依存症への対策として、効果があることが分かっています。

 

あなたの意志力のチャレンジが「やる力」であれ、「やらない力」であれ、瞑想は脳を鍛えて意志力を強化するのに最適な方法です。

 

まずは1日5分から始めて、それが習慣化したら1日10分~15分やってみることを本著では勧めています。

練習が面倒で明日に伸ばすくらいなら、短くても毎日練習した方が良いです。

朝のシャワーの前など、1日の中で瞑想の時間帯を決めておくか、都合の良い時に行いましょう。

f:id:understandLove:20181021073523j:plain

今週もお疲れさまでした。

ゆっくり休んでくださいね。

では、また。

f:id:understandLove:20181201172459j:plain