猫のメメとモエ

生命線があと10年分しかない!どうせなら、やりたいことに(あまりお金をかけずに)ちょっかいを出すことにした猫好きのブログ。メンタルトレーニング、自己啓発、一人旅、猫めぐり、山歩き、真剣な子育て、ジョギング、写真。その他いろいろ。

一瞬を楽しみ尽くし、いまに集中して生きよ~『遊ぶ勝ち! 他人の時間を生きるな、熱狂して”いま”を生きろ』堀江貴文

気温も上がってきたうえに、在宅ワークがすっかり板についています。

そこで、人生に対してもっとテンションを上げていくために、堀江さん。

 

社会全体のことを考えて一生懸命在宅していると、何のために生きているのか、ちょっと忘れがちになります。

でも、私たちは「自分のために生きている」のです。

 

著者は、「自分のために時間をつかいたいなら、『他人のための時間』を削るしかない」と説いています。

では、比較的いま時間が自由になるなら、自分時間にたっぷり時間がかけられる!

でも、あまりの在宅の長さにだれ気味!

 

ここで堀江本で気合を入れなおして、密度を上げていきましょう。

f:id:understandLove:20200511160252j:plain



意味があるのは、短期的な目標だけ

f:id:understandLove:20200511160810j:plain

「時間が無い」と感じる人は、必ずといっていいほど考えても仕方がないことを考え、自ら時間を捨てている。

そんな、考えても意味がない思考の典型が、「僕はいったいなにがしたいのか?」という自問自答。

こんなことを考えてしまうから、悩みばかりが増えて、行動する時間も意志もなくなっていくのである。

 

これは、ビジネスでも同じだ。

僕に言わせると、ダメな会社ほど長期目標を立て、意味のないシュミレーションに膨大な時間を費やしている。

また、社員にわざわざ「やりがい」や「ミッション」や「働く意味」などを考えさせ、ストレスばかりを与え、肝心の社員の足を止まらせている。

まったくどれだけヒマなのだろうか?

僕は、短期的な目標だけが意味があると考えている。

「いつかやる」と思っていることなんて、絶対実現しない。

やりたいことがあるなら、いますぐにやらなけれあかなうはずがないではないか。

すると、いますぐにとりかからざるを得ない目標が、いい目標となる。

・・・

「立ち止まって考えることも重要」だとよくいわれるが、僕にとってそんな考え方は、先延ばしのための言い訳のように思えてならない.

今、ワタシがまさにそれで、「長期目標」に囚われてすぐにやるべきことを後回しにしてしまっています。

いかんです。

今年度は特に「長期目標」が立てにくい。

「いまやりたいこと」に集中することって、一番頑張れてパワーが出せますもんね。

あれこれ悩みだしたら、ちゃんと「いま」に戻ろうと思います。

 

「行動」に移してこそ、価値が生まれる

f:id:understandLove:20200511160703j:plain

時間の無駄遣いの最たるものが、「行動」しないことだ。

たとえば、僕のもとには多くの人からビジネスのアイデアが持ち込まれるが、ときどき「お金も技術もないから助けてください」とお願いされることがある。

でも、仮にそれが斬新なアイデアだったとして、僕がそのアイデアを丸ごとパクったら(そんなことはしないけれど)、いったいどうするつもりなのだろうか?

そもそも、アイデア事態に価値があると考えているところがおかしい。

先に書いたように、アイデアなんて世界中にあふれているし、それこそネットで検索すれば山ほどヒントが見つかるだろう。

僕自身も、長い期間にわたり有料メルマガでビジネスのアイデアを発信し続けている。

だからこそ、もっとも大切なのは「行動」することなのだ。

実際にかたちにしなければ、アイデアなどなんの価値もない。

 

スティーブ・ジョブズをはじめ、世の中を変える商品やサービスを提供した人は、得てしてそのアイデアを称賛されるものだが、事の本質はまったくちがう。

たしかにアイデアは斬新だったかもしれない。

でも、同じことを考えた者は世界中に必ずいる。

賞賛されるべきは「行動」に移したことなのだ。

みんな、もう時間を無駄にするのはやめよう。

 

試作品でも未完成でもいい。

まずアイデアを形に使用。

「行動」しなけれは、けっして価値は生み出せないのだから。

「行動」!

最近忘れがちなことです。

ついついリスクのことや、手間を考えてしまう。

「行動」できる若者に抜かれてしまうことも!

行動力こそが命ですね。 

 

思考を良質な情報で埋め、最適な方法を選び、目的地へ向かって進む

f:id:understandLove:20200511164721j:plain

・・・

僕が普段やっていることを端的にまとめると、思考を「良質な情報」で埋め、いざ行動するときに「最適な方法」を選んでいるだけだ。

加えて、目的を達成するにあたって、「余計なもの」をすべて捨て去り、目的へ向かってまっすぐに進んでいく。

余計なものを捨てて身軽になると、思考もクリアになって、どんどん行動していける体質になっていけるのだ。

そうして動き続けていると、やりたいことをするための時間が一気に増えていく。

大切なのは、「どのように時間を使うか」を突き詰めること。

基本姿勢としては、判断に迷ったら時間がかからないほうを選ぶ。

スピード重視が大前提だ。

ただし、やみくもに動き回っていては、単なる「多忙」になってしまう。

これは、「忙しい、忙しい」といいながらあくせくしているだけで、ただの思考停止に過ぎない。

そうではなく、つねに「考えながら同時に動く」。

やっているうちによりよい方法が見つかれば、迷わず切り替える。

そうして動き出しと修正のスピードが加速してくれば、どんどん時間を生み出すことができる。

場面ごとに最適な行動ができることで、自由な時間が増えていくからだ。

 

 モノを捨てるほど、生活はアクティブになる

f:id:understandLove:20200511162614j:plain

僕はいま、スマホや服などの最低限のモノ以外は完全に捨て去り、ホテルを中心に住んでいる。

住居さえ持たずに生きている。

こうして徹底的にものを捨てて生きることでわかったのは、モノを捨てるほど生活がどんどんアクティブになり、自分の目線が上がっていくということだった。

本当に大事なことにのみ、シンプルに集中して向き合えるようになるのだ。

所有欲に振り回されていてはいけない。

そのモノが「必要だ」と感じることのほとんどが思い込みに過ぎない。

そもそも、本当にほしいモノがあいまいだから、たいして大事でもないモノが捨てられないのだ。

 

人間は、モノなどなくても充足して生きていける。

・・・

モノへの執着から解放されたとき、あなたの不安は減っていく。

それは”いまこの瞬間”に集中できるからだ。

この驚くほど爽快な感覚を、ぜひみんなに味わってもらいたい。

 すごいですね。ホテル住まいかぁ。

確かに、ちょっとでもモノが片付くと、考え方がとてもクリアになりますね。

この機会に、ぜひとも片づけをしていきます。

 

 

才能のない人間が、悩み考える時間ほど、無駄なものはない

f:id:understandLove:20200511162751j:plain

・・・

いいアイデアはどんどんパクればいいし、うじうじと悩まずに行動する者だけが勝利する。

才能のない人間が悩み、考えている時間程無駄なものはない。

そもそもなぜ行動する前に悩んでしまうのかと言えば、そこに変な「プライド」があるからだ。

「失敗したらどうしよう」

「まわりにバカだと思われるかも」

そんなどうでもいいことを思って、二の足を踏んで時間を無駄にしてしまうわけだ。

本来、悩むということは、「やりたいこと」があるということ。

それなのに、その「やりたいこと」に踏み出す前にプライドが邪魔してしまう。

みんな自分のことで忙しくて、他人のことなどなにも気にしていないにもかかわらず、である。

あなたの時間を奪っているのは、ほとんどがこのような他人のために使う時間だ。

しかし、皮肉なことに、そんな「他人時間」は自分自身の変なプライドがせっせと生み出しているのである。

 本当に、変なプライドは捨ててしまいたい!

たくさん恥をかいて生きられる自信がほしいです。

でも、そんな余計なことを考えず、どんどん挑戦していっちゃえばいいんですね。

一瞬を楽しみ尽くし、いまに集中して生きよ

f:id:understandLove:20200511160407j:plain

何度も書くが、時間こそ命だ。
いまあなたが手にしている時間は、いつ失われるかもわからないものだ。
この一瞬を楽しみ尽くし、いまに集中して生きるほかに、充実した人生を生きる方法はない。
考えてみてほしい。
ぼんやりしてなにもしないまま、数時間後に交通事故で死んでしまうこともあり得るのが人生なのだ。

手に入れたいものは、いま手に入れよう。
やりたいことは、いまやろう。
時間は待ってくれない。
これがこの世の真実だ。
僕たちには、「いま」というこの瞬間しか与えられていない。
もっと動こう。
人生をとことん味わいつくそう。
いまに集中して生きよう。

 

 

f:id:understandLove:20200511162945j:plain

気づくと心に余計な脂肪がついてしまします。

特に、何となく「何をしたらいいんだろう」となっているこの時期です。

長期計画を立てては、日程変更・・・。

 

今後の社会が変わる以上、強いモチベーションをもっていけば、けっこう好きなことができるんじゃないか?と思えることも多いです。

しかし、そのための長期目標を立てようにも、長期が見えない。

う~ん?ってことで、家にいるのでとりあえず横になっちゃう!ということが繰り返されていました。反省。

 

こんなときは、とにかく目の前にあるものに思い切り集中して取り組んでいこう!と思いました。

それから、熱狂していまを生きること。

 

自分のやりたいことを見直すには、もってこいの時期ですから、好きな仕事に集中していこうと思います。

 

今週もお疲れさまでした。

ゆっくり休んでくださいね。

では、また。

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

 

自己肯定力を上げて、引き寄せをかなえよう!~『思い通りの人生を手に入れる 引き寄せハンドブック』奥平亜美衣

明日からの月曜日に、ちょっとだけハッピーな読み物を。

明日からも変則的な日課在宅ワークがあったりするので、その休憩の時間やスキマ時間に、「引き寄せ」をしてみるのもいかがでしょうか。

超オーソドックスな「引き寄せの法則」です。

もう、「引き寄せの法則」は、お腹いっぱいという方は、スルーしてください。

 

今回はスッキリとしたわかりやすい『引き寄せハンドブック』です。

「いい気分」になる方法と「自己肯定感」を上げる方法もありますので、気持ちを軽くするために、一緒に読んでいただけたらと思います。

 

 

 

誰もによくあることとして、同調するものが集まる「類は友を呼ぶ」現象。

これも、私たちの身近で日常的に起きている引き寄せです。

似たような出来事や似たような人が集まるのは、偶然ではありません。

 引き寄せているんです。

 

私たちは日常的に、似た趣味や感じ方を持つ人だけでなく、現実も引き寄せます。

あなたの目の前にある現実も、あなたが引き寄せたものです。

あなたが「そうなる」と信じて疑っていないことだから、目の前で毎日のように展開するのです。

f:id:understandLove:20200510201056j:plain

「上司が無理なことばかり言う」

「収入が増えない」

「夫が育児に協力してくれない」

悩みは人それぞれですが、たとえば上司に辟易しているあなたは、「上司が無理なことばかり言う」と思っていますね。

そして実際「無理なことばかり言う上司」が悩みのタネとして存在しています。

あなたの思い通りになっているわけです。

 

望み通りでなくても、あなたの目の前の現実はあなたの思い通りに作られています。

そこで、本当の意味であなたの思い通りの人生を送る方法を一緒にこの本で模索していきましょう。

あなたが変われば現実が変わる

なぜ自分の思考と目の前の現実が一致するのでしょうか。

それはあなたの体が発する見えない「波動」が現実を引き寄せているからです。

視線を感じてふりかえったり、誰かのことを考えていたら着信があったりという経験がある人も多いと思いますが、それも私たちが発する波動によって起こります。

 著者は、宇宙を波動を映す鏡のようなもので、「すべてはひとつである」と考えます。

つまり、現実を変えたいならば、まず変えるべきなのは私たちの「今の思考」。

私たちの思考が変われば、次の現実が変わるそうです。

本来あなたは幸せであり、豊かであるのが自然の状態

引き寄せの法則」はラジオのチューニングのようなもの。

宇宙には、常に愛と幸せと豊かさの無限のエネルギーがあふれています。

あなたは、常に暮らしの中で「豊かさ」「幸せ」を感じるのが自然。

でも、実感できないなら、それは「見えないザル」が邪魔しています。

 

人間だれしもその人ならではの「想いぐせ」を持っているものです。

これを頭の上にある「見えないザル」とたとえましょう。

・・・

あなたが「いい気分」でいると、ザルの目が開いて、宇宙からのエネルギーの恩恵を受けやすい状態になります。

 ・・・

だから、引き寄せの法則のしくみは実はとてもシンプル。

「いい気分」になれる量が増えていいことが起こる。

ザルの目を広げれば、その先には愛あふれるエネルギーが豊富にあります。

 

 すべては「いい気分」になることから働く

f:id:understandLove:20200509134624j:plain

これまで、欲しいものや実現したいことをイメージすることで引き寄せに挑戦し、うまくいったという人もいれば、いかなかったという人もいるでしょう

行かなかった場合の原因のほとんどは、いい気分で過ごすことをなおざりにしていたためなのです。

 

同じ事を上司から言われたとしても、あなたの解釈によって「腹の立つこと」にも「もっともなアドバイス」にもなりますもんね。

「いい気分」になれる解釈選んでいくことは、あなた自身にしかできないことです。

一般的に人間は、自分に降りかかる出来事に対して心が反応するままに任せると、ネガティブ思考に傾きやすいものだと著者は言います。

そんなとき、自分に抵抗を感じない範囲でプラスの思考を選択することを心がけていると、どんどん思いつくように。

そして「いい気分」でいられる時間が長くなり、あなたの頭の上のザルの目が開いて、いいことが起こりやすくなるそうです。

 

「いいことノート」をつけてみる

今の現状を改善するには、小さいことでよいので現状にいい面を見つけ、幸せを感じて宇宙と同調していくことが大切です。

そのためには、小さな幸せをいっぱい感じること。

これは頭の中で考えるだけでなく、書き出してみるとさらに効果的です。

今のあなたの環境で少しでも「いい気分」になれる側面を書き出し、読み返す作業をしてみませんか。

今の会社に不満があっても、「社食はおいしい」「帰りに買い物が楽しめる」など。

いい面に思考を向けると必ず現実は変わります。

たとえばあなたが行きたかった場所へ出張に行けたり、企画書が通ったり。

これは家庭環境や配偶者、恋人への不満など、何にでも使えます。

やっていくと2週間~1か月で現実が好転していくそうです。

自分を肯定することで、引き寄せ力がぐんぐん高まる 

ここまでは、起きた出来事に対して、できる限り「いい気分」になる思考の選択を続けていくことが、いいことを引き寄せるために大切だと書いてきました。

 

この状況を加速させ、さらに引き寄せ力をアップさせるために、もうひとつ大事なポイントがあります。

それが「自己肯定力」を高めることです。

自分を肯定する力を高めるほど、あなたの引き寄せ力はぐんぐん高まります。

 「自己肯定力」とは、自分を知り、認め、愛すること

f:id:understandLove:20200510220344j:plain

「自己肯定」とは、「自分を好きになる」ことや「自分を認めること」だといわれていますが、いきなり「自分を好きになってください」と言われると、漠然としすぎて、戸惑ってしまう人も少なくありません。

 

そんな場合、自己肯定の手始めとして、まずは「自分に注意を向けること」「自分のことを考える時間をつくる」ことから始めましょう。

自分の心の声意識を向け、自分を知ろうとしてみてください。

 

 「自己肯定力」アップのためのいくつかのポイント

「自己肯定」とは、「自分を好きになること」のほかに、次のようなことも含んでいます。

□自分に注意を向け、自分を知り、自分の本当の望みを知ること。

□自分の喜びは何なのか、何に幸せを感じるか、何が好きなのか、何がしたいのか、どうすれば心地よいのかを知り、できるだけそれに沿って行動すること。自分を満たすように心がけること。

□自分の考えや行動を自分で決め、決めたことを信頼すること。

□ありのままの自分を無条件に価値のある存在だと認め、自分に自信を持つこと。

□自分で自分のいい面に目を向け、どんなときでも自分の味方になること。

 自己肯定は、自分で自分のことを知ったり、求めたり、信頼すること。

そして、注意すべきなのは「他人の評価によって自信を得る」のではないことだそうです。

大事なのは、自分が自分をどう思うかです。

自分のいいところを書き出してみる

あなた自身が、自分のいいところ、気に入っているところを探して、それを認めること。

これが自己肯定力アップのための大切な作業です。

・・・

「いい気分」になるために効果的なのは、現実の中に見つけた「いいこと」を書きつづることだと書きました。

同じように今度は「自分自身のいいところ」を書き出していきましょう。

顔や体など外見に関することから、得意なこと、能力、経験までなんでも構いません。

書き出すポイントは、世間的な基準や他人との比較、人からの評価などは全部除いて、自分が本当に良いと思えるポイントならOK。

 欠点も、逆をつけば長所になります。

「仕事が遅い」ならば「仕事が丁寧」なのです。

まずは「自分のいいところノート」として、50個程度書き出すことを著者は勧めています。

 

あなたの本当の望みは何ですか?

f:id:understandLove:20200510220240j:plain

人生を日々を満足して生きるためにも、自分の幸せを後回しにしないで、素直になって望みを考えることが大切です。

時間が無かったり、望みはあっても現状からほど遠いという理由で思いにフタをしていることが多いからです。

すきなこと、かなえたいことをしっかり考えてみましょう。

「できる・できない」の枠を外し、ワクワクすることを考える

あなたは、何をしているときが楽しいでしょうか。

あなたが笑顔になるのはどんなときか、どんな生活ならうれしいか、などを思い返してみましょう。

なぜその望みをかなえたいのか、その理由が願いの本質

あなたの望みが見えてきたら、その望みの理由を考えます。

「宝くじに当たりたい」なら、なぜ当たりたいのか。

「家族と気持ちよく暮らせる家が欲しい」、「起業して社会貢献したい」「世界一周旅行をしたい」などです。

 

お金がほしいと思っている人は多いのですが、本当はお金が欲しいわけではありません。

それが欲しい理由、「なぜ」「どうして」の答えがあなたの願いの本質です。

引き寄せでは、この本質の部分がかなえられます。

・・・

宝くじは当たらないかもしれませんが、家族で暮らす家や、起業、世界中を見てみたいという願いの本質部分がかなうように、少しずつ現実が動いて、チャンスが舞い込んできます。

 

本当の望みを潜在意識に上手に刻む方法

f:id:understandLove:20200510220436j:plain

顕在意識の思考はすぐに現実化されるわけではありません。

何回も同じ思考が繰り返されることである程度の濃度になった願いは、浸透膜を通して潜在意識まで浸透していきます。

そこで初めて、思考は現実化されるのです。

あなたの望みに注意を向ける

潜在意識に浸透した思考は、ハイヤーセルフ(高次のあなた)によって、現実かされます。

ただ、ハイヤーセルフはいいことと悪いことを区別することなく現実化してしまうので、望まないことは考えずにスルーするか、考える時間をできるだけ短くしましょう。

 書くことで望みを整理して、潜在意識に刻み込む

ハイヤーセルフに望みを聞き届けてもらうには、潜在意識に望みを浸透させる必要があります。

効果的なのは、書くこと。

あなたがやりたいこと、手に入れたいものをすべて書いていきましょう。

 

書くことにより、望みがかなうというわけではありませんが、書くことで、自分自身ではっきりと望みを自覚することができ、より潜在意識に浸透しやすくなります。

貝絵いるうちに考えがより整理されて、本当の望みが見えてくることもあります。

また、あとから書いたことを読み返した時、「本当に望みがかなっている!」と驚くこともありますので、楽しみにしていてください。

 

好きなものノートを書こう 

今まで、「いいことノート」や「自分のすきなところノート」を書いたように、今度は「自分の好きなものノート」を書いてみましょう。

何でもいいそうです。

パンケーキ、コーヒー、いちご、海外ドラマを見る、料理、旅行、サイクリング、温かいところ、沖縄、夏の海、犬、音楽、フランス映画・・・・などなど。

考えるだけでうれしくなるような大好きなものを一覧にしてみましょう。

書く時のポイントは、よりリアルに固有名詞を入れること。

「夏の海」夏の宮古島とか。

バリ島、オアフ島などと書くと、よりリアルに好きだと感じられるでしょう。

その好きと言う感情にどっぷりと浸ってください。

好きなものを自覚して、心から好きだと思うことで、あなたはそれを引き寄せていきます。

自分の好きなものを意識するだけで、あなたは潜在意識、ハイヤーセルフ、そして宇宙にリクエストしていることになるのです。

 

f:id:understandLove:20200510220534j:plain

どうせよく見えない未来なら、うんと楽しい明日を引き寄せてしまいましょう。

 

明日からの毎日があなたにとって素敵な日々になりますように。

ではまた。

f:id:understandLove:20200510220812j:plain

 

 

 

 

特別なことがなくても幸福になれる~『ハーバードの人生を変える授業』タル・ベン・シャハー

ハーバード大学で哲学と心理学を学び、組織行動論で博士号を取得した著者による、1学期当たり1400名の学生が殺到する人気の講義です。

著者の授業は学んだことを実践に活かす「リフラクション(反映して行動する)」を大切にします。

そんな授業の中で1発目に語られるのは、「感謝する」。

 

社会が変わろうとする今、ちょっと基本に立ち返りたいと思って読みました。

f:id:understandLove:20200509123010j:plain

著者はいままで著書の中で「ポジティブ心理学」の理論を説いてきましたが、その理論のガイドブックとして本著を書いています。

本著で紹介されるワークは、それぞれが1週間分、または毎日行っていきます。

本著のワークをより効果を上げるためには、別にノートを用意するか、スマホやPCに専用ファイルを作ると、大きな収穫が得られ、それと同時に自由に連想し、心に浮かぶあらゆることを書き留めることもできて、とても重要だそうです。

本著のめざすところは、「生産的知識」。

それは、単なる知識ではなく、自分たちをとりまく世界をよく理解して、状況にうまく対処するための知識です。

 

week1 感謝する

心理学者のロバート・エモンズとマイケル・マッカローは、一連の研究の中で、被験者を2つのグループに分け、1つのグループには

「ちょっとしたことでもいいので、毎日、感謝できることを5つ書いてもらう」

という実験をしました。

・・・

毎日1~2分、感謝する時間をとったことは、思いもかけない効果をもたらしました。

感謝できることを考えたグループは、何もしなかったグループに比べて、人生をもっと肯定的に評価できるようになっただけでなく、幸福感が高くなり、ポジティブな気分を味わえるようになりました。

 

つまり、もっと幸せになって、意志が強くなり、エネルギッシュで楽観的になったわけです。

また、人に対してもっと優しくできるようになり、手伝いを積極的に申し出るようになりました。

 

最終的に、感謝をしていた人々はよく眠れるようになり、より多く運動するようになり、身体的な不調も減ったのです。

 タイトルの「特別なことがなくても幸福になれる」ためには、「感謝」だそうです。

今回のコロナのあれこれで、あなたも「感謝」の大切さを感じたかもしれません。

ちょっとした「ありがとうございます」や、感謝の気持ちが、非常事態には心に深く沁みたりします。

スーパーマーケットで、ちょっとした瞬間に場所をよけ合う際に言葉をかけあって、気を遣いあうのも、人との顔を合わせたコミュニケーションが極端に減っている今、何だかとても嬉しかったり。

ワタシの家でも、家族に対しても、一言お礼が言えたりすると、それだけで関係性がものすごくよくなったりしました。

 

ここでワークとして、

Think  あなたが感謝できることは何ですか。
    自分の人生でありがたいと思うことは何ですか。

あなたがありがたいと思うものは、何ですか?

ワタシは、「働かせてくれる職場があること」と「比較的温かい家庭があること」です。

Action  感謝ノートをつくる

この1週間、感謝することを毎日5つ書き留めるようにしてください。

このワークで大事なことは、おざなりに行うのではなく、しっかりと意識をもって行うことです。

そのためには、書いていることを目の前に思い浮かべたり、書きながらもう一度経験しているように感じたりしてください。

 とりあえず、スーパーの長蛇になっているレジ待ちの間に、手帳のダイアリーに書いてみました。

ちょっと目をつぶって思い出したりしつつ、「昨日の感謝したい出来事ベスト5」を書いてみました。

ちょっと、いやかなり心臓のあたりがほかほかします。

多少ニヤつきましたが、マスクをしているので全く問題ありません。ラッキー。

スマホのダイアリーなどでもよいと思います。

楽しいので、ぜひお勧めです。

f:id:understandLove:20200509134549j:plain

week2 運動をする

「コロナ鬱」が身近に感じられるようになったのではないでしょうか?

「どうも、様子が違うぞ」という人が、あちこちで見られます。

ワタシの周りはとくにご年配の方々です。

「老人は外に出るな!」と強い口調で言う人もいますが、「外に出ない」って年配の方にとても危険ですよね。

脳の活性化の面で危ない。

コロナ鬱らしき、知り合いの女性がいます。

同じ敷地に親族が住んでいるのですが、折り合いが悪いので、すっかり引きこもりの2か月間を送っていました。

久しぶりに連絡をとったら、(本人は大丈夫と繰り返すのですが)口調がとても暗い。

気づいた優しい姪がお出かけに連れ出していました。

「人の少ない道を使って歩く」ぐらいは、しておいた方がよいと思いますが、密集地域はそんな道は無いのでしょうか。

コロナが収束したら、実は街中に痴呆になったお年寄りがいっぱい!なんてことになったら、どうするんだ。

 

心と体の相互関係を取り扱う心身医療の分野では、心の健康は大いに運動と関係するという研究が次々となされています。

 

たとえば、デューク大学医学部のマイケル・ハビャクらは、うつ病と診断された患者の大半にとって、週3回、1回30分間の運動を行うことは抗うつ剤を服用するのと同じような効果があるという研究結果を示しました。

 

しかもいったん治療が終了すると、薬物治療を行ったほうの患者は、運動療法を行った患者に比べ、4倍もの割合でうつ症状を再発しやすいというのです。

・・・

「運動しない」ことは「憂うつになる薬を服用しているのと同じようなもの」なのです。

人間は体を動かすようにできています。

私たちは1日中コンピューターの前に座りつづけたり、何日も会議を続けたりするようにはできていないのです。

 Think     運動した後、あなたはどのように感じますか。

    どんな運動がいちばん好きですか。

Action  今日からはじめる

運動を習慣にするために、さっそく今日からはじめてみましょう。

今月はまず週に3回、10分間のウォーキングからはじめてもいいでしょう。

 YouTubeのエクササイズは、今ほんとうに楽しいものがいっぱいですね。

先日やってみましたが、おもしろくて10分コースをついおかわりしてしまいました。

ところが、翌日と翌々日に筋肉痛ですよw

マンションも大丈夫なエクササイズもありました。

 

早朝や夕方は、人がかなり少ないですよね。

でも、6時半の公園は大変なことになっていますので要注意です。

健康なお年を召した方々が、ラジオ体操に大集合しています!

みなさん、コロナへの意識が最も高い世代なので、やたらと静かに取り組んでいます。

うっかりジョギングで公園に入り込んでしまうと、その時間だけすごい光景!

新手の新興宗教か、宇宙と交信している集団なのか、という感じ。

びっくりするくらいたくさんのお年寄りたちが、その時間公園めがけてぞろぞろ出てくるんです。

この街にこんなにお年寄り、いたんだな!と驚くくらい居ます。

そして無言で決まった公園に集まり、ラジオ体操に無言で取り組む。

 

・・・SFチックですよ。Xファイルの雰囲気で、好きなんです。

異世界のムードを楽しむために、あえてその時間をチョイスして、遠巻きにラジオ体操を眺めながら走ることもあります。

コロナになってから、いつもよりも人数が増えているので、迫力のある人数になっている公園もあると思います。

「うわあー、やってる!やってる!すごい、今日は多いなぁ・・・!」と離れて眺めつつ走る朝のジョギングは、けっこう楽しいです。

すみません、ひやかしです。

でも、ほんとうに大好きなんですよ、Xファイルな雰囲気が。

f:id:understandLove:20200509134624j:plain



他にも、

・思いやりの心を持つ

・困難から学ぶ

・すべてをシンプルにする

・失敗から学ぶ

・価値ある行動をする

・最高の瞬間をつかむ

・いいところを探す

・解釈を変える

・自分に優しくする

 

などがあります。

また、ご紹介する機会があるかと思います。

前にも書きましたので、下に貼っておきます。

 

街の活気は少しずつ戻ってきていますが、これからが正念場。

一緒にこれからがんばっていきましょう。

そのためにも、休みの日はしっかりリフレッシュですね。

f:id:understandLove:20200509134647j:plain

今週もお疲れさまでした。

ゆっくり休んでください。

では、また。

f:id:understandLove:20200509134732j:plain

 

understandlove.hatenablog.co

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

 



 

 

 

 

 

 

 

買い物ついでに地震の備えも少しだけ。買い物リストです。

ここのところ、よく揺れる関東。

夜中に揺れてびっくりでした。

安心して夜も寝られるように、防災グッズの確認をしておこうと思います。

南海トラフ、この時期に来るかなぁ?とも思いますが・・・。

まぁ。本当に来たら冗談じゃないので、このGW最終日に備えをチェックしてしまおうと思いましたので、買い物のリストを作成しました。

 

あなたもすでについ最近、備えはある程度したのではないでしょうか?

残り買い足すものは、ごくわずかだとは思います。

 

f:id:understandLove:20200506073352j:plain

コロナに備えながら、地震にも備えてw

もう、笑うしかないですね。コロナの時期に地震

ただ、人間は、

”ストレスが別方向からもう1つやってくると開き直って、落ち着いて対処し始める”

という性質があるとか。

いっそ、その力を大いに期待したいと思います。

私たちも、プライベート+仕事など多方向から心配が舞い込んでくると、かえって「もう、仕方ないんだな」と肝が据わったりしますもんね。

 

きっと私たち日本人は、そんなことがあっても、ぜったい上手、しかも思いやりまで見せながら落ち着いてサバイバルできると思います!

f:id:understandLove:20200506092636j:plain

さて、かっこいいサバイバル生活を目指しまして、ちょっと賞味期限チェック。

それなりの地震ライフラインに問題が発生しても、今回は”避難所生活”は、コロナの影響から、難しいのが現状ですもんね。

 

そうなると、当然できる限りの”在宅避難”。

こちらが可能性としてはそれなりに高いものだと考えておこう、ということを前提にして今回は用意です。

 

また、どうしようもなく”避難所生活”になったら、コロナ感染予防のためにできることを考えておくとよいかなぁと思いました。

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

 一時避難グッズ

まず、大地震で一時避難があり、とりあえず近くの学校や公民館などに避難した場合の基礎的な準備です。

ふだん使わなくなったリュックに、とりあえず詰めてみようと思います。

 

軍手、

ラジオ、

クリーム、

マジック、

ノート、

ラップ、

上履き、

ウエットティッシュ

マスク、

電池式充電器、

レインコート
めがね、

ナプキン


赤ちゃんがいる家庭ならば粉ミルクや哺乳瓶、おむつ

 

そこに、今回重要だと思われるのが
アルコール除菌スプレー

アルコールティッシュ

マスクの枚数をプラス(洗ってとっておいたものでもいいから、数枚)

のど飴(咳をしたら、周りの人がびっくりするから)
ただ持ち出せる重さにも限界があるので、バランスをとる必要があります。
それから、手動式充電池(最新)。以前買っておいたものは、今のスマホにジャックがまったく合わなくてびっくりでした。

 

f:id:understandLove:20200506092703j:plain

在宅避難に備える

水を入れる軽いポリタンク(給水車や井戸水をもらう時にも使いやすい)

風呂桶に水を張っておく

浄水器を用意する

水、缶詰、乾物などの長期保存食品の賞味期限を確認して買い足す

カセットコンロのガスボンベの使用期限確認と買い足し

お米、パスタなどの長く食べられる食材の買い足し

 

焦って用意するほどのことではないのですが、もう1回揺れるときっとそれなりに売り切れになるかもしれないので、早めに準備してもいいかな、と思いました。

f:id:understandLove:20200506092722j:plain

ちょっとだけ買い足したら、今日はのんびりGWを満喫します。

美味しいご飯を近所のお気に入りのお店で、応援も兼ねてテイクアウトしようと思います♪

それから、ウォーキング!在宅ワークも終わり始めたので、ちょっと足慣らしですね。

そのついでに、花がきれいな季節だから、いっぱい写真を撮って、待ち受けに。

それと、近所の花屋さんで暑さに強いスプレーのお花を買って、家のあちこちに飾り、明日からのお仕事に備えて心を潤しておこうかと思います。

 

あなたは、どんなお楽しみをするのでしょうか。

すてきな1日になりますように。

 

では、また。

 

f:id:understandLove:20200506092808p:plain

 

 

人は非常事態のなかで才能を表すものだ~『ココ・シャネルの言葉』山口路子

今からではもう遅い、と思うことはありますか?

シャネルがモード界にカムバックしたのは71歳のときでした。

「退屈よりも大失敗を選んだの」

という言葉の通り、困難覚悟の決断でした。

それから87歳で亡くなるまで、最前線で働き続けたそうです。

f:id:understandLove:20200505105006j:plain

シャネルは「規格品の幸せを買うような人生」だけはいやだ、と思い続けた人でした。

自分の人生は自分で決める、と決意していた人でした。

そのために嫌われたり、孤立したり、傷ついたりしたけれど、そのスタイルを変えることはありませんでした。

 

生き方そのものを「永遠のシャネル・スタイル」として後世に残したひと。

「働く女の先駆者」ココ・シャネル。

彼女には、その生涯を通じて強い信条がありました。

 

かけがえのない人間になるためには、

人と違っていなければならない。

f:id:understandLove:20200505105437j:plain

「私はモードではなく、スタイルを作り出したのです」

ガブリエル・シャネル

ココの愛称で知られ、いまも多くの人達に支持されるこのファッションデザイナーは、「女の生き方革命」を成し遂げた、20世紀を代表する人物です。

 

辞書的な意味では「モード」も「スタイル」が同義ですが、シャネルのこの有名な言葉には「モード」というのは移り変わるものであり、「スタイル」というのは普遍的なものである、という強い区別があります。

 

それを証明するかのように、いま街を歩けば、あるいはファッション誌を開けば、自宅のクローゼットを眺めれば、いたるところにシャネルスタイルがあることがわかります。

シャネルブランドのバッグや服がそこにあるという意味ではありません。

 

たとえば、

黒のワンピース、

ジャージ素材の服、

ツィードの服、

マリンルック

パンタロン

プリーツスカート、

イミテーションジュエリー、

ショルダーバッグ、

誰もが持っているリップスティックなど、

すべてシャネルが生み出したものなんです。

 いつ読んでも、すばらしい創造性を持った女性だと感嘆します。

この人の持っているエネルギーってどこから湧いてきたのでしょう。

 

孤児院から人生を始め、自力で「シャネル帝国」と呼べれる一大ブランドを築き上げ、莫大な富と名声を手にしながら、超人的なバイタリティで87歳まで生き抜いたシャネル。

恋多き女性であり、それも一流の男たちとの恋愛があったとか。

その何人かとは結婚も考えながら、ときどきの理由で結局結婚はしませんでした。

 

本著では、シャネルの人生を貫くキーワードとして「嫌悪」があると考えます。

(ほかの本では「怒り」「復讐」「自由」などが挙げられますが)

シャネル本人も「私は確かな嫌悪の精神を持っている」と言っていますが、嫌悪、

これが彼女の人生の根幹。

 

彼女は19世紀的なものを葬り去ったことから「皆殺しの天使」と呼ばれました。

いったい何を葬ったかと考えれば、動きにくい服、思考を奪うような大きな帽子、財力を見せつけるための宝石、けばけばしい色彩のドレスなど、すべて自分が「嫌い」なものだったということがわかります。

強い。すてきすぎる。

時代そのものの流れを変えたエネルギーを持っていたんですね。

 

 シャネルの言葉は、自分にも他人にも厳しい人であったことから、「微妙」などのニュアンスを寄せ付けない強いものでもあります。

でも、今後忙しくなっていくであろう時代の中で、もうひと踏ん張りがんばりたい場面が私たちにはあるはず。

その瞬間に、シャネルの言葉は響くのかもしれません。

f:id:understandLove:20200505121144j:plain

欠点は魅力のひとつになるのに、みんな隠すことばかり考える。

欠点をうまく使いこなせばいい。

これさえうまくゆけば、なんだって可能になる。

若いころのシャネルは当時の「美の基準」からするとけっして「美しい女性」ではありませんでした。

シャネルが10代、20代のころ、美の基準は変化しつつあったものの、まだ19世紀を引きずっていたのです。

19世紀にもてはやされたのは豊満な肉体。

シャネルとは正反対でした。

自分の容姿が気になる年ごろですから、悩まなかったはずはありません。

けれどもシャネルは、19世紀的美の基準から見れば「欠点」である、やせてほっそりとした体つきを隠しませんでした。

シンプルな服を着て、小さな帽子をかぶって、スレンダーな身体を際立たせ、さらに髪を短く切り、長い首を露出させました。

結果、新しい、とびきりシックな女性が誕生し、多くの女性の憧れとなったのです。

 欠点を魅力のひとつに見せる。

もちろんそこに至るまでには、研究を重ねてきているんでしょうけれど。

確かに周りの人を考えた時、その人の魅力は本人が欠点だと思っている一面だったりします。

f:id:understandLove:20200505121207j:plain

女性は強さではなく 弱さを楽しまなくては

1920年代、シャネルが活躍し始めること、シャネルがそうしたように短く髪を切る女性が増えました。

また、シャネルのシンプルな服も流行したので、

「街から女性がいなくなった。

シャネルが作り出した少年しかいない」

などと言われました。

けれど、シャネルは男性のようになるつもりなど、ひとかけらもなかった。

「男性と対等であること」は大切、けれどそれはけっして「男性のようになること」ではないのです。

 

友人の詩人ジャン・コクトーが「シャネルは男性的な精神のもち主だ」と言ったときシャネルは怒り、挑戦的に頭に大きなリボンを飾りました。

ひょんなことから誕生した、この蝶結びのヘアバンドがのちに、シャネルの代表的なアイテムになるから面白いものです。

 

強く生きた人だから誤解されがちだけれど、シャネルは常に女性的で、男性に愛されることを欲していました。

「女性は強さではなく弱さを楽しまなくては。強さを隠すのが楽しいの。これ、駆け引きともいうわね」と言っていたくらいです。

どんなに仕事に熱中しても、どんなに自由であっても、女性らしさを失わずにいることを大切にしていたのです。

 

 強さを、隠す。

かっこいい・・・。

ついひけらかしてしまいたくなるのですが、最も強い女性は強さを隠していますね。

立場が上になっている女性ほど、スカートを身につけて女性らしさを醸し出していたりしますよね。

そして、その方がかえって、いざというときも頼れそうな強さを感じます。

女性らしさを失わないこと、日々大事にしたいもんです。

 

脂肪と戦うことだけを考えて、ぼんやり過ごしているわ

30代半ばのころ、親しい女性に送った手紙の一文です。

シャネルはもともとスリムでしたが、それでも体型を維持するために、あれこれと美容法を試して努力していました。

彼女の場合は服を作るだけでなく、自分自身が広告塔だったため、体形維持、美貌の維持はビジネスのうえでも大切なことでした。

 

友人の詩人ジャン・コクトーはシャネルに言いました。

「あなたがどんなふうに暮らしているか、みんなに言いふらすつもりはないけれど、あなたが毎朝7時に起きて、夜は9時にベッドに入るなんて誰も信じないだろうな」

 

 写真を見る限り、「努力」「根性」などとは無縁に見えるシャネル。

でも、ひそかにストイックな努力を重ねていたんですね。

ちょっと親近感がわいてしまいます。

f:id:understandLove:20200505121503j:plain



奇抜さはドレスではなく、女性のなかになくてはならない。

1959年、シャネルが76歳のとき、もっとも影響力のあるファッション誌『ウ”ォーグ』に次のような記事がありました。

「女性はドレスよりも重要であるべきという考えのもと、シャネルはデザインし続けてきた。

40年間ずっとこの考えは変わらなかった」

女性はドレス(服)に切られてしまうのはダメで、あくまでもドレスはその女性の背景であるべき。

シャネルのこの考えは生涯変わりませんでした。

 シャネルが一貫して貫いてきた、「服装よりも中身」。

だから、シックであり、女性を引き立てる服なんですね。

中身がダメだったら、着飾ってもダメよってことですよね。

どこまでも、自分を鍛えていかないと。

f:id:understandLove:20200505121532j:plain

醜さは許せるけど、だらしなさは絶対許せない

この場合「醜さ」は外見的なことを言っています。

・・・

「だらしなさ」は、その人の意識から生まれます。

だらしない服装、だらしない言葉、だらしない生活態度、だらしない口元、だらしない両の膝・・・。

すべてに共通するのは「緊張感ゼロ」ということ。

シャネルはこれが許せなかった。

努力してなんとかなる分野に努力しない人を彼女は、強く軽蔑していたのです。

 おおっと、このコロナの在宅ワークで反省しなくちゃな点をシャネルにびしっと指摘されてしまいました!

生まれ持っての美しさをどうこう言うのではなく、今の自分に緊張感をもって装うこと。

それから、言葉やしぐさを選ぶこと。

大事にしたいことです。

f:id:understandLove:20200505121737j:plain

人は非常事態の中で才能を表すものだ。

ひと言に「非常事態」といっても、さまざまな状況があります。

社会の問題、会社の問題、家庭の問題、自分自身の問題・・・。

シャネルにとっての非常事態のひとつに第一次世界大戦がありました。

まったく自分の力の及ばないところで勃発した戦争、まさに非常事態。

そのときさネルは高級リゾート地、ドーウ”ィルで新しい店を開店したばかり。

そのタイミングで戦争となり、パリから上流階級の女性たちが、ウ”ァカンスではなく疎開のためにこの地に押し寄せたのです。

この非常時こそ、自分が作り杯目ていた服装、おしゃれで動きやすい服の出番なのだと確信、集中してジャージー素材の服を量産し、成功への第一歩を踏み出したのです。

 

私たちも第一次大戦ほどではないかもしれないけれど、非常事態にありますね。

こんなとき、シャネルだったらどんなことをしたのでしょうか?

時代を反映した「スタイル」を新しく発表したのでしょうか?

それとも、世界のセレブ達の別荘地、日本なら軽井沢あたりに直営店を出したりするのでしょうか?

では、私たちなら何ができるのでしょう。

f:id:understandLove:20200505121759j:plain

人がなんて言おうと平気。

コレクションが終わったときは、自分が全力を尽くしたことで私は満足だから。

シーズンごとのコレクションは常に賞賛されるわけではなく、酷評もありました。

何かを発表するということは、自分のクリエイションをさらけ出すことであり、さまざまな反応を覚悟するということでもあります。

表現者でなくても、誰でも、生きていく上では、自分のしたことに対して、ほかの人から批判されたり、また逆に賞賛されたり、いやであっても、他人の評価は常に人生につきまとうもので、そして他人はたいてい無責任なものです。

言ったことに責任など感じず、言ったことすら忘れていることだってあります。

シャネルのこの言葉は晩年、カムバック後のものですが、本気で「平気」なわけはなく、引退を考えることもありました。

けれど、「自分が全力を出し尽くしたか否か」、ここに価値を見て、そしていつも「全力」で勝負していたのです。

一切の妥協を許さずに。

 全力で仕事をしても、その評価はイマイチだったりすることってあります。

シャネルならば、なおのことでしょう。

それでも、妥協なしで働き続ける。

そうした姿やスタイル、身につけたいです!

 

20歳の顔は自然がくれたもの。

30歳の顔は、あなたの生活によって刻まれる。

50歳の顔には、あなた自身の価値が表れる。

どのような生き方をしてきたか、どのような生き方をしているのか。

それは顔に表れる。

シャネルの有名な言葉のひとつです。

・・・

どんな施術をしても、あるいは写真で修整を加えても、「精神の老化」は隠せません。

50代半ばのシャネルの写真は、写真によっては修整が加えられているものも、あまり加えられていないものもあるけれど、いずれにしても「精神の老化」はみじんもありません。

厳しく険しく、迫力があります。

1937年、パリで開かれた万国博覧会の夜会でのシャネルはとても美しく、オーガンジーのドレスすらりとしたその姿に会場の人々は、シャネルとはわからなくても、その美しさに見惚れました。

自分の言葉を裏切らない54歳でした。

 この言葉、ほんと大好きです。

自分も子供のころから、母親世代の女性たちが生き方で顔のゆるみが出たり、きりっとしていたりする姿を見ていて感じていました。

男性もそうですよね。

どんな仕事をしてきたのか、50代に近づくにつれて顔がそうなってくる。

f:id:understandLove:20200505123055j:plain


非常事態な今だから、生き方やスタイルは一人ひとりがクリアになりますね。

何のために、どうありたいのか。

次の道や行動をどう選ぶのか。

それが自分の顔に表れてくるのですから、気が抜けませんね。

 

今日は、どんなことがありましたか?

今日も明日もあなたにとって、ステキな日になりますように!

では、また。

f:id:understandLove:20200505132644j:image

 

 

 

 

 

 

 

限りなくシンプルに生きる~『心配事の9割は起こらない』枡野俊明

 

心配事の”先取り”をせず、「いま」「ここ」だけに集中すること。

悩むより動くようにすること。

人と比べないこと。

 

たくさんの情報がおしよせているからこそ、シンプルな生き方に戻ってみたいと思って読みました。

f:id:understandLove:20200504143906j:plain

余計な不安や悩みを抱えないように、

他人の価値観に振り回されないように、

無駄なものをそぎ落として、

限りなくシンプルに生きる

 

それがこの本で私がいいたいことです。

禅僧という立場だからでしょうか、私は、たくさんの人からさまざまな相談を受けます。

内容は千差万別ですが、それでも大別すれば、不安や悩み、迷い・・・といったものです。

そんな話にじっくり耳を傾けてみると、気づくことがあります。

それは、そのほとんどが、実は「妄想」や「思い込み」、「勘違い」や「取り越し苦労」にすぎない、と言うことです。

「実体」がない、といってもいいでしょう。

 これは、コロナウイルスに対するマスコミやネットやわたしたちの周りを取り巻く環境にも言えることかもしれませんね。

 

実体のない思い込みや、「あいつはコロナに罹った、という社会的な抹殺の方が重症化」なのは、結局コロナより社会に問題があるわけで。

だから、いつもよりテレビやニュースに耳を傾けながらも、社会の持つ固定観念に流されずにいるよう、意識しておかなくちゃ、と思いました。

 

前向きに受け止める  落ち込んでもいい、でも早く立ち直ろう

悪いことが起きたり、つらい境遇に立たされたりしたら、気持ちが落ち込んでもいいのです。

そのうえで、負の心をプラスに転じていく。

それが禅の考え方です。

 この時期に、家にこもることをプラスに考えられる人の強さって、かっこいいですよね。

愚痴を言ってみたり、「何が悪い」とか「この人がこんなことをしていて許せない」と言っているのは、本当にかっこわるいですもんね。

今だから、できること。

職場でも、家庭でも、大切にしていきたいです。

 

朝を大事にする  心に余裕をつくる一番の方法

時間を使え、時間に使われるな、という話をしたいと思います。

・・・

自分の中に、生活のリズムを保つための「ルール」をつくったらいかがでしょう。

注目すべきは朝です。

朝を大事にする。

私はそのことを声を大にして提案したいと思っています。

朝を大事にするというルールで、もっともキモになるのは「毎日、一定の早い時間に起きる」ということです。

早く起きれば、朝の時間帯に余裕が生まれます。

 

 この在宅ワーク+GWというコンボで、朝の時間が崩れが激しいので、そろそろしっかり軌道修正です!

朝時間は、貴重なひとり時間ですからね。

しかも、これが崩れていると在宅ワークが普通の勤務に変わっている日に十分なパフォーマンスを出せない!

明日からがんばるぞ。

由々しき事態です。

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

置かれた場所で輝く  「いま」やらないで、いつやるのか?

「いま」就いている仕事に”本気”になるしかない。

生きている「いま」を楽しむしかないのです。

そうするためにヒントは、「大地黄金」という禅語にあります。

・・・・

光り輝く黄金の大地があるのではありません。

そこにいるあなたが大地を黄金にするのです。

自分には合っていないように感じても、やりたいことと違っていても、「いま」「そこ」で付いている仕事が「あなたの仕事」なのです。

 職場の職員でも、任された仕事や役職、ポジションに対して「そうしてもやりたくありません」と言う人がいます。

中堅どころなんですよ、それでも。

ベテラン女性たちの話のネタになってしまうわけですよ。

「彼、なにしに仕事に来てるの(半笑い+目は真面目)?」

役員室であっても、一部の人しかいない会議室であっても、しっかりとベテランの耳には後日入ってくるんです。

 

かえって、不景気の中で青春時代を超えてきた若手の方が、

「やるしかないですもんね!」(20代前半女子)

「これは、おれの仕事ですから!」(20代後半男子)

と非常にかっこいい台詞を聞かせてくれたりしました。

鳥肌が立ちましたよ。しびれますねぇ・・・・!

そうなると、俄然ベテラン女性たちは、その子たちの影の応援に入ります。

多少のミスも笑顔で許すし、見えないところで助けることもあります。

(そこのところ、すごくはっきりしてるのが、私たちの悪い癖です)

そして、昇進の時期の役員からの秘密のお呼ばれで、

「この子、絶対伸びるから、このポジションはこっちにしたらいいと思うんです」

とご注進するわけです。

 

f:id:understandLove:20200504163316j:plain

 ワタシも、悟りの境地までは、ほど遠いベテランではあります。

でも、若い子たちの頑張りに、負けられませんからね。

 

私たちは、大波を何回か経験している分、逞しさは何なのか、強さは何なのか、示していくべきポジションにあります。

くだらなくて安い情報に右往左往している姿なんか、かっこわるくて見せられないですよ。

多分今後も別の大波はあるし、それでも人類はどっこい生きている。

そこで試されるのは今まで通り、「自分がタフであるかどうか」だと思うんです。

物とか立場とか生活とか、今までずっとあると思っていたものを、手放すことがあったとしても、本質を見失わずにいればいいのかもしれない。

また、心配事の9割が起きないのなら、心配に割くクヨクヨした時間を前向きに使うことも大事にしたいと思いました。

 

さぁ、GWがあけたら、いよいよ本格的に立て直しのために始動していく時期。

つまらない心配は断捨離して、シンプルにやるべきことに注目していきましょうね~。

 

f:id:understandLove:20200504164854j:plain

今夜もすてきな夢を見られますように。

では、また。

 

 

 

心潤う、大人のウ”ヵンス時間。パリ(に脳内旅行)。本と映画とカフェと花屋~『FIGARO japon 2017・5月号パリ特集』から

お題「#おうち時間

あなたの行動は制約されても、あなたのココロは、誰にも縛れない。

のんびりとおうちカフェも、あなたをご機嫌にするひとつの方法ですね。

 

友達の中でも、とびきり美人でおしゃれな人生の先輩から、おすすめされた雑誌『フィガロ・ジャパン パリ特集』。

日本のファッション誌とはちょっと違った、たまらないセンスと雑誌を貫く信条に、しびれてしまった1冊です。

このころ、『パリジェンヌは10着しか服を持たない』など、ミニマリストの指針のひとつともなる著書もよく読まれていました。

 

何よりも魅了したのは、「わたしは、わたし」という自己を確立しているフランスの人たちの生き方。

すてきなものは大好きだけれど、流行を取り入れても左右されたりはしない、自信に満ちた態度は、とてもすてき。

フィガロ誌は、実はなかなか骨のある雑誌で、しっかりしたハードカバーの著書の紹介もたくさんあり、フランス人の考え方に触れられるような映画の紹介も。

実はこの雑誌を見て買ったDVD、ひとつは見事に日本語吹き替えなんて入っていなかったりしました。

 

せっかくのGW。

大人のパリを眺めて、自然に任せた伸びやかな生き方を考えてみるのもいいかな、と読み返しました。

こちらを書きながら、アコーディオン・ジャズのリラックスBGMをかけ、甘いラテをいただいております。

パリ!どの画像を探しても、ロマンチックがいっぱいです。

パウダーのラテが香り高く感じますw

 

 

今日は、パリの街をちょっと眺めて、ウ”ァカンスできる本と映画を少々。

f:id:understandLove:20200429155641j:plain

ロマンティックに過ごすための街。

ラ・メゾン・ドゥロルキデは、1808年開業の歴史ある花市場。

多種多様な植物や園芸用品店が並び、1900年代に建てられた緑色のパウ”ィオリンが目印。

ポエティックな空間に身を置くだけで幸せな気分になれる。

 

f:id:understandLove:20200429171523j:plain

f:id:understandLove:20200429154203j:plain

 

そこにある老舗のビストロは、労働者向け大衆食堂として開業しながら、行列のできる店としてにぎわっているそうです。

アールデコアールヌーボーがミックスしたお店。

気取らないラフな雰囲気を味わえるのだとか。

 

『パリジェンヌは服を…』では、おうち時間でもきちんとした服装で過ごす、パリのマダムが登場していました。

ほとんどを家で過ごすのに、朝からタイトスカートでした。

おうち時間にも、いつも美しさにプライドのあるたたずまい。

カフェの人たちをよく見ると、道端のカジュアルな場所であっても一人ひとりがきちんとカジュアルになりすぎない服で、ご年配の方ほど、とてもおしゃれ。

大人の街ですね。

 

こんなおうち時間に、ごきげんな部屋着を着たくなります。

f:id:understandLove:20200429155722j:plain


それにしても、

カフェ・・・。

行きたいですよね。ラテを頼んで・・・・

本を読み漁りたい・・・!

 

後で、本も紹介します。

f:id:understandLove:20200429160853j:plain

アスティエ・ド・ウ”ィラットと蚤の市巡り

本誌では、”蚤の市のプロ”のふたりが、蚤の市の楽しみ方を伝授しています。

時代を経た品の脆さ、不完全さに美を見出す、という楽しさがあるのだとか。

f:id:understandLove:20200429152446j:plain

「買ったことを後悔するのは、しょっちゅう。

でも、1年くらい経って使い始めると、すごく満足するんだ」

「あ、これ高く買いすぎたな、と思うと買い物直後ちょっと嫌いになったり。

でも、あとで、これ、やっぱり好きだってなる」

 

そう言うふたりは、ブランドを創設しているデザイナーです。

よちよち歩きのころから蚤の市に通ってきたのだとか。

 

蚤の市の価格は少々高めに設定されているのがほとんどだそうです。

商人たちは客とのやりとりを楽しみたいから。

では、値切り方の秘訣ですが、

「目を付けた品を好きだ、という気持ちを承認にわからせること。

ケチをつけてはだめ。

売っているのは、彼らが気に入って入手した品々。

それを手ばなすのは悲しいのだ」

とのこと。

値切る際の”開けゴマ!”的なフレーズ、それは「Quel  est  votre  meilleunrprix ?」。

買い物だけでなく、美しい品々との出会い、美術館並みに珍しい品との出会いも楽しい。

 

f:id:understandLove:20200429155920j:plain

アンティーク、たまらないですね・・・。

上の画像の中央にあるスタンドライトが欲しくてしかたないです。

あなたなら、どんなものを手に取って眺めてみますか?

f:id:understandLove:20200429172600j:plain

f:id:understandLove:20200429172759j:plain

10代のころ、やたらと欲しくなってしまったアンティークの懐中時計!

当時ミステリー、早い話がコナン・ドイルにはまっていたので、物語に出てくるそのコロンとしたフォルムの、手のひらにすっぽりはまる懐中時計に憧れたのを思い出します。

今でも欲しい。

素敵な感動がいっぱい。ウ”ァカンスのための本

「悲しみよ こんにちは」

f:id:understandLove:20200429161039j:plain

南フランスにウ”ァカンスに行くとしたら、みんな真っ先にサガンを思い浮かべるのでは。

少女漫画的な要素もあって、気楽に読めるし、ウ”ァカンスのドキドキ感を高めてくれるはず。

脳内を刺激して、ウ”ァカンスを盛り上げるアイテムとして持っていきたい。

 あなたも、この本の名前を聞いたことがあったり、読んだことがあったりするのでは。

薄くて読みやすく、しかも実に考え方がフランス的。

絶対日本の女の子がしない発想が、さらっと入っていて、旅気分満載です。

 サガンが19歳の時に書いたデビュー作ですが、その完成度がすばらしい。

主人公は、17歳の女の子セシル。

父親とその愛人と、南仏の海岸近くの別荘で過ごす夏の出来事。

 

10代のころに読んだときは、若いパリジェンヌの正直すぎるありように鮮烈な印象を覚えました。

最近読んだときには、若さゆえの無自覚な残酷さに、新鮮さを感じました。

時間がたって読むと、感情移入する登場人物が変わるので、感想がまるで変わりますね。

サガンは、読みやすいのでGWにぴったり。

個人的には「冷たい水の中の小さな太陽」「逃げ道」が大好きです。

もっと薄い本ですが。

『105歳の料理人ローズと愛と笑いと復讐』

f:id:understandLove:20200429161855j:plain

現在私も注文して手に入れ、読みかけですが、なかなか読みごたえがあります。

南仏の港町マルセイユでレストランを営むローズおばあちゃん。

105歳で厨房にいまだに立つ彼女は、8歳の時にアルメニア人の大量虐殺で家族を皆殺しにされて以来、その美貌と料理の才能を武器に生き抜いてきた、というお話。

おばあちゃん曰く、

「流れに逆らうことをためらうな。流れに乗っていくのは死んだ魚だけだ」。

超かっこいいと思いませんか?

 

『世界の使い方』

1953年6月、24歳のブーウ”ィエは愛車のフィアットに乗って、ジュネーウ”を旅立ちます。

ベオグラードで親友の画家と落ち合うと、旧ユーゴスラビアから、トルコ、イラン、アフガニスタンへ。

 

「半世紀にわたって、放浪のバイブルになった」と言われる本著は、本当に読んでいて「バックパッカーな旅に出たくて仕方なくなる」という罪深い本です。

しかし、読み進めていると、一緒に自由な旅を楽しんでいる気分でいっぱいにしてくれる1冊でした。

一気に読むともったいないので、少しずつどうぞ。

 

映画で旅する

『ぼくを探しに』

f:id:understandLove:20200429163325j:plain

ハリウッド映画に食傷気味になるタイプの人にはたまらない、単館上映で見られるタイプの映画です。

 

しかも、当たり!

あれって、外れもありますからね。

フィガロでも、「フランス人の妄想癖から生まれた豊かな発想力がいい」と評論されています。

幼いころに両親を亡くした青年の成長物語です。

これ、吹替が日本語ではありませんが、それがまた堪らない。

ユーモアもいっぱいで、ビビットな色遣いがすてき。

 

『食べて 祈って 恋をして』

f:id:understandLove:20200429163532j:plain

これは舞台のホームはニューヨーク。

自伝的小説を原作にしています。

ニューヨークで生き方に行き詰った主人公。

弱り切った中で、イタリアへ行って食への意欲を取り戻します。

インドでヨガで心の安定を求め、バリへと旅しながら、自分と人生の「調和」を見つけていく過程が、正直に描かれています。

苦手だったジュリア・ロバーツが、大好きになってしまいました。

 

 

f:id:understandLove:20200429164425j:plain

フィガロポルトガルの号、さらに人気で売り切れてしまい、入手できなかった1冊です。

 

あなたは、どんなおうち時間を楽しんでいますか?

どうせ普通でもGWは混雑でたいへんでしたもんね。

「出かける義務がなくなった」って、本を読んだりするチャンス。

贅沢な大人のおうち時間を。

では、また。

f:id:understandLove:20200429173259j:plain

 

f:id:understandLove:20200429173328j:plain

 

 

understandlove.hatenablog.com

 

 

understandlove.hatenablog.com

 

understandlove.hatenablog.com